NEWS 劇場情報 解説 日本ICC加入 カルラについて 監督
キーワード集 コメント トラックバック ブログパーツ リンク

コメント

女性パワーを見せつける作品だ。武力ではなく法が支配する国際社会の実現は、人類の理想であり、それへ向かって私たちは一歩を踏み出したばかりだが、それはひとりの女性の驚くべき活躍で促された。胸を揺さぶられる感動!!

浅井信雄(国際政治学者)


世界は一つの法の支配をうけいれることができるか
全人類的な課題が現実の地平で試されるとき、一人の生身の人間の無私と情熱が必要とされるのだ。

池田香代子(ドイツ文学翻訳家)


見応えのあるドキュメンタリーだ。
国際社会に正義を実現するための重要な仕事を描いており、
それを遂行する少数の人々の人間性に迫っている。
その気迫が素晴らしい。

佐藤忠男(映画評論家)


今後地球の秩序を維持するために不可欠な国際犯罪法廷。
その存続のために各国の協力がいかに重要か、この映画を観ると痛感します。
この実情を知ることは一人ひとりの義務だと思います。

ピーター・バラカン(ブロードキャスター)


この映画は、国際的活動の難しさとか、権力者による犯罪告発映画と言うより、
人類の限りない愚かさを告白する映画である。

さいとう・たかを(漫画家)


国際社会における「法の支配」の確立をめぐる難しい状況と課題、
ひいては日本国憲法9条の意義をも考えさせる映画である。

伊藤真(伊藤塾塾長)


正義という名の殺戮こそが〈戦争の正体〉です。
犠牲になるのはいつも一般市民で、誰もその責任をとろうとはしません。
国際法廷が戦争犯罪人を裁くだけではなく、戦争の抑止力になることを切望します。

山路徹(APF通信社代表)


この映画のカメラが追い続けた検察官カルラは、スイス生まれの小柄な女性だ。
彼女のどこに「戦争犯罪」という巨悪に対峙する闘志が潜んでいるのだろう。
その答は大写しにされたカルラの瞳のなかにある。
スレブレニツァの虐殺で、夫を亡くし、強姦され、その果てにみごもったモスレムの女性たち。
カルラは、彼女らの悲しみをわが悲しみとし、今なお身を隠す戦犯たちに挑んでいった。
それは小さな巨人の志を描いたドキュメントだ。

手嶋龍一(外交ジャーナリスト・作家)


自主上映について
2007年10月1日ICCに日本国加入
ICTYICC