NEWS 劇場情報 解説 日本ICC加入 カルラについて 監督
キーワード集 コメント トラックバック ブログパーツ リンク

キーワード集

旧ユーゴ紛争(1991年~1999年)

旧ユーゴスラビア連邦解体の過程で起こった異民族間の対立による内戦。自民族の優位性を根拠にセルビア、クロアチア、モスレムのそれぞれが他民族に対する残虐な排他行為を行った旧ユーゴ紛争は、冷戦構造の崩壊後、6つの共和国からなる連邦国家ユーゴスラビアからスロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナが独立を宣言したことがきっかけである。
91年のスロベニア、クロアチアの独立をきっかけに始まった紛争は92年にボスニア・ヘルツェゴビナに飛び火。国民投票によって決定したボスニアの独立に対して地元セルビア人勢力が反対し、ユーゴ連邦軍の支援を得てボスニア紛争が開始した。
4年にわたる紛争では死者・行方不明者が200万人以上、難民や国内避難民は300万人以上とも言われている。また、98年にはアルバニア系のコソボ解放軍とセルビア治安部隊が武力衝突し、99年にNATO軍が介入するまでコソボ紛争は続いた。

旧ユーゴ国際刑事法廷
ICTY= International Criminal Tribunal for the former Yugoslavia

『カルラのリスト』が舞台となる旧ユーゴ国際刑事法廷、通称ICTY は1993年5月、国連の安全保障理事会によってオランダのハーグに設立された。その目的は1991年以降、旧ユーゴ領内で行われた戦争犯罪の責任者を起訴し裁くことにある。カルラ・デル・ポンテの就任以降、2001年にはユーゴ元大統領のミロシェビチが身柄を拘束され人道に対する罪などで起訴されたが、2006年に獄中死した。
2007年7月現在、ICCが設立されてから161名が起訴された。カルラ率いる検察局は国連安保理からも独立し、専門家のチームによって独自に調査、折衝を行う。しかし警察力はないので最終的な犯罪者の拘束は各国の協力意思に委ねられる。
同様のものに「ルワンダ国際刑事法廷(ICTR)」が存在し、以前カルラはこちらでも検察官を務めていた。

国際刑事裁判所
ICC= International Criminal Court

国連によって設立された旧ユーゴ国際刑事法廷(ICTY)やルワンダ国際刑事法廷(ICTR)など、地域と期間が限定された法廷に普遍性を持たせた国際刑事裁判所(ICC)が国際社会によって2002年に設立された。ICCが裁く犯罪は、ジェノサイド(集団殺害)罪や人道に対する罪(拷問、奴隷制、強姦、強制的失踪など)、戦争犯罪(武力紛争下で罪のない一般市民を殺害、平和活動の阻止など)である。ICCは批准国の領域内で犯罪が行われた場合、あるいはその国の国民が他国で犯罪を起こした場合に適応されるが、批准していなくともその国が許可した場合にも犯罪者は裁かれる。いずれの場合にも該当しない時、国連安保理が事態を国際社会の平和と安全を脅かす状況であると判断した場合にICCへ付託することができる。
なお、国際司法裁判所(ICJ)で現在も判事として活躍する大和田恆氏は日本のICC早期加入を強く訴えてきた一人。今日、中国やロシアは加入しておらず、また米国とイスラエルは9.11以降にそれまで署名していた批准を撤回した。
現在、スーダンのダルフールの人権侵害に対する責任者に対して逮捕状が出ている。

加盟国
アフリカ 29ヶ国
ベナン、ボツワナ、中央アフリカ、コンゴ民主共和国、ジブチ、ガボン、ガンビア、ガーナ、ギニア、レソト、マラウィ、マリ、モーリシャス、ナミビア、ニジェール、ナイジェリア、セネガル、シエラ・レオーネ、南アフリカ、タンザニア、ウガンダ、ザンビア、ブルキナファソ、コンゴ共和国、ブルンジ、リベリア、ケニア、コモロ諸島、チャド
アジア・大洋州 13ヶ国
アフガニスタン、オーストラリア、カンボジア、タジキスタン、フィジー、マーシャル諸島、モンゴル、ナウル、ニュージーランド、大韓民国、サモア、東ティモール、日本
中東 1ヶ国
ヨルダン
ヨーロッパ 39ヶ国
アルバニア、アンドラ、オーストリア、ベルギー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルガリア、クロアチア、キプロス、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、グルジア、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イタリア、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、サン・マリノ、セルビア、スロヴァキア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、マケドニア、イギリス、モンテネグロ
北アメリカ 1ヶ国
カナダ
中南米 22ヶ国
アンティグア・バーブーダ、アルゼンチン、バルバドス、ベリーズ、ボリビア、ブラジル、コロンビア、コスタリカ、ドミニカ国、エクアドル、ホンジュラス、パナマ、パラグアイ、ペルー、 セントヴィンセントおよびグレナディーン諸島、トリニダード・トバゴ、ウルグアイ、ベネズエラ、ガイアナ、ドミニカ共和国、メキシコ、セントクリストファー・ネイビス
2007年9月1日現在
自主上映について
2007年10月1日ICCに日本国加入
ICTYICC