OPEN FACTORY企画第46弾 被災地支援ドキュメンタリー「手のなかの武器」上映会

8月21日(火)18:50開場/19:00開演

factory
日時
8月21日(火)18:50開場/19:00開演
料金
予約¥1800(1ドリンク付)
会場
FACTORY(1F)
リンク
クリエイター、映画製作者、イベンター、ミュージシャン、NPOなどの活動をサポートする趣旨でUPLINK FACTORYを無料貸し出しする企画「OPEN FACTORY」。その第46弾企画が2012/8/21(火)に開催されます。

上映作品:被災地支援ドキュメンタリー『手のなかの武器』(2012/日本語/約68分)
トークゲスト:吉本 涼(本作監督)田代 直樹(田代ジャパンボランティアチーム主宰)




私たちは希望をもたらす事が出来るのか・・・

手のなかの武器イメージ ◆作品紹介
私たちは 希望をもたらす事が出来るのか…
2011年4月。私は始めて被災地の土を踏んだ。
私たちは一体被災地の為に何が出来るのだろう?知識も経験もない若者たち。葛藤と無力感に押しつぶされそうになる。それでも被災者への思いを表現しようとする人々がいる。
瓦礫撤去、スポーツ、アートワークショップなど、多彩な活動を通して、支援の有り様を今一度問い直すボランティアドキュメンタリー。

◆吉本 涼
フリーディレクター 1988年大阪生まれ
武蔵野美術大学 映像学科卒

アニメーション作品『くちびるばくだん』で第22回東京学生映画祭
アニメーション部門審査員賞受賞
学生ドキュメンタリー映画『911の子どもたちへ』上映スタッフ

南アジア、バングラデシュ共和国にて、映画『Wish~GCMP20人の記録~』
を制作しドキュメンタリー監督デビューを果たす。

被災地支援ドキュメンタリー映画『手のなかの武器』はドキュメンタリー映画
としては2作目となる。
(公式サイト:http://tenonakanobuki.com/


Back to Top