【鍋講座 vol.5】 新しい配給宣伝の方法を企む公開作戦会議② ~メディアの側から配給宣伝部にアドバイス!~

2013年1月17日(木) 19:15開場/ 19:30開演

gfp_new_main_s
『タリウム少女の毒殺日記』より
日時
2013年1月17日(木) 19:15開場/ 19:30開演
料金
一般1,000円/独立映画鍋会員500円
会場
ROOM(2F)
リンク
思えば、土屋豊監督の新作のタイトル『GFP BUNNY』を「覚えにくい」の一言で変更に導いたのも、前回の公開作戦会議に参加したメディア側の人の意見だった…

配給宣伝部が日夜「メディアに取り上げてもらう」ために行なっている作業は、果たしてメディア側の人々にはどのように受け止められているのだろうか?今まであるようでなかった、メディアの側からの配給宣伝部への提言を、『GFP BUNNY』改め『タリウム少女の毒殺日記』をネタにしながら話し合う公開宣伝会議です!



□ゲスト
中山治美(映画ジャーナリスト)
茨城県出身。立命館大学卒業後、大阪日刊スポーツ新聞社文化社会部で映画・演劇を担当。1996年にフリーとなり映画ジャーナリストとしてカンヌ、ヴェネチア、ロッテルダム、サンセバスチャンなどの国際映画祭を取材。webサイト「シネマトゥディ」、共同通信47ニュース、デイリースポーツ、日本映画naviなどで執筆中。


古賀重樹(日本経済新聞文化部編集委員)
1961年生まれ。日本経済新聞文化部編集委員。85年日本経済新聞社入社。文化部、流通経済部、大津支局、文化部次長、京都支社などを経て、2010年から文化部編集委員。


□司会
土屋豊(『タリウム少女の毒殺日記』監督/独立映画鍋・共同代表)



『タリウム少女の毒殺日記』(日本/2012年/カラー/HD/82分)
監督・脚本・編集:土屋豊
撮影:飯塚諒
制作:太田信吾、岩淵弘樹
メイク:花井麻衣
助監督:江田剛士
出演:倉持由香、渡辺真起子、古舘寛治、Takahashi
特別出演:住田正幸(広島大学大学院理学研究科附属両生類研究施設・教授)、松岡孝明(湘南美容外科クリニック・副総括院長)、八代嘉美(東京女子医科大学 先端生命医科学研究所)、伊藤通朗(日本ラエリアンムーブメント・代表)

■『タリウム少女の毒殺日記』公式サイト ■劇場情報
Back to Top