[+]America2 「a transition, a new phase: アメリカ実験映画の現在」

7/7(土)18:30開場/19:00上映開始

AMERICA2
日時
7/7(土)18:30開場/19:00上映開始
料金
¥1,300(+1ドリンク別/メール予約できます)★16時からのレクチャー参加者は¥1,000(+1ドリンク別)で入場可
“a transition, a new phase” Contemporary US Experimental Films in the Last Decade
[+]America2「a transition, a new phase: アメリカ実験映画の現在」

映像作家の牧野貴が主宰する実験映画紹介プロジェクト[+]企画による[+]Americaの第二弾。8つの短編作品の上映と、NY在住の映像作家/キュレーターの西川智也と牧野貴の対談を通してアメリカ実験映画の現在を知る七夕の夜。尚、同日16:00より2階Roomにて西川智也によるレクチャー「phases and faces: 実験映画の軌跡/展望」を開催。実験映画と呼ばれるに至った特異な新旧の映画たちを幅広く紹介し、未来に向けて再考します。
(レクチャーの詳細は決定次第、追って当ホームメージにて告知致します)




◆上映作品
『The Burning Blue』(Jesse McLean, 9 min., Digital Video on MiniDV, 2009)
『Undergrowth』(Robert Todd, 12 min., 16mm, 2011)
『Ghost Algebra』(Janie Geiser, 8 min., Digital Video on MiniDV, 2009)
『lions and tigers and bears』(Rebecca Meyers, 12 min., 16mm, 2006)
『Vineland』(Laura Kraning, 10 min., Digital Video on MiniDV, 2009)
『A Preface to Red』(Jonathan Schwartz, 6 min., 16mm, 2010)
『The Future is Bright』(Jodie Mack, 3 min., 16mm, 2011)
『In the Absence of Light, Darkness Prevails』(Fern Silva, 13 min., 16mm on MiniDV, 2010)

※以上、上映時間73分
Back to Top