【つながりシネマぱぶ第六回】『言葉のきずな』上映+トーク(トーク出演:田村周監督)

10/25(金) 18:20開場/18:30開演【17:20受付開始】

kotobano_omote
日時
10/25(金) 18:20開場/18:30開演【17:20受付開始】
料金
¥2,000(軽食・ドリンク付き)

障害のある人たちをテーマとする上映イベント「つながり映画祭」連動企画、第6弾!上映後、監督を迎えてトークショーを開催。軽食もご用意しております。


★『言葉のきずな』は9月21日(土)から連日10:30よりアップリンクにて上映!
本イベントは、軽食・トーク付きの特別企画となります。
「失語症」という現実に直面した人々の再生への歩みを追った貴重な記録。
テレビ番組からドキュメンタリー映画への長い道のりと苦労も語る!


全国にも類を見ない、失語症の人々が立ち上げた演劇活動~失語症だけでなく、構音障害、高次脳機能障害など様々な障害を負った人たち、その家族や医療・介護のスタッフが、言葉のハンディを乗り越え、ひとつの舞台を作り上げる、全国にも類を見ない挑戦の物語。夫婦や親子のきずな、同じ苦しみを分かち合う人々のきずなを見つめ、「人が人らしく生きることの意味」を問いかける!
長野県で活動する、失語症や構音障害の人たちが参加する劇団「ぐるっと一座」。2011年度の3つの舞台(上田市・松本市・長野市)が完成するプロセスや、知られざる失語症者の日常を取材。その言葉や表現が生まれ、家族や夫婦のきずなを取り戻していく瞬間を、カメラがとらえた。

『言葉のきずな』(2013年/107分)
監督・撮影・編集:田村周
ナレーター:中嶋朋子
挿入歌:綾戸智恵
製作:言葉のきずな製作プロジェクト(ワイドアーティストギルド・言葉のきずな制作委員会・イメージサテライト)
構成:水越洋子
音楽:小笠原智秋
配給・宣伝:言葉のきずな上映プロジェクト・イメージサテライト


田村監督プロフィール
1968年生まれ。九州大学農学部研究科(環境システム学)終了。映像ディレクターとして、農業、食、大衆芸能、医療、福祉などを取材してきている。テレビ作品に「フォークであること~高田渡と高石ともや」「料理家・辰巳芳子~いのちのスープ」「子どもの命みつめて~小児科医・細谷亮太」「免疫学者・多田富雄~寛容のメッセージ」「三好春樹のなるほど!なっとく介護スペシャル」など(いずれもNHK番組)。2011年1月から失語症テーマ劇の「ぐるっと一座」を取材し、同年5月にNHKで特集番組として放送。その後、長期的な取材を続けてきた。
Back to Top