春野恵子「映画+浪曲ライブ!」

2月22日(金)19:00開場/19:30開演

haruno_keiko
日時
2月22日(金)19:00開場/19:30開演
料金
予約¥2,000 / 当日¥2,500 / 学生¥1,800(すべて1ドリンク付き)
会場
FACTORY(1F)
かつて、テレビ番組『進ぬ!電波少年』にケイコ先生として出演し一躍お茶の間の人気者となるも、心機一転、上方浪曲の世界に単身飛び込み、現在は大阪を拠点に浪曲師として活躍中の春野恵子さん。そんな彼女が、その活動を認められてこの度めでたく大阪市の「咲くやこの花賞」大衆芸能部門・文化庁芸術祭賞優秀賞を受賞。これを記念して、東京の三つの会場で凱旋公演を決行! 映画館としての顔を持つ会場「UPLINK」での公演は、無声映画の上映と共に浪曲を行う特別プログラムと浪曲ライブの二本立ての開催となります。浪曲と映画のコラボレーションが生み出すこの贅沢な舞台をぜひご体験ください。

上映作品
無声映画『夜討曽我』(1923年/24分/白黒)*デジタルプロジェクター上映
(春野恵子による浪曲『梶川大力の粗忽』と共に)

浪曲
『袈裟と盛遠』(菊池寛原作)




春野 恵子(はるの・けいこ / 浪曲師)

東京都文京区出身。白百合学園中学校・高等学校卒業。東京大学卒業後「進ぬ!電波少年」「電波少年的東大一直線」家庭教師・ケイコ先生として一躍人気者になる。「救命病棟24時」「スタアの恋」などのドラマ出演、「笑っていいとも」「東京フレンドパーク」、資生堂のホワイトアップ、ハウスの豆腐グラタンなどのCM出演、雑誌Tarzanなどに連載。

2003年、上方の女流第一人者の二代目春野百合子に国立文楽劇場の楽屋に押し掛けで弟子入り志願し、翌年、頭を丸坊主にして大阪に移り住み、修業を重ねる。2006年初舞台。一心寺門前浪曲寄席、上方落語定席・天満天神繁昌亭、山本能楽堂・上方伝統芸能ナイトなどに定期的に出演するほか、他ジャンルの演芸・伝統芸能との企画や、舞台への出演、NHKの演芸番組などで浪曲出演を重ねている。
(NHK「上方演芸ホール」「笑いがいちばん」「生活笑百科」「ルソンの壺」「東西浪曲特選」朝日放送「LIFE~夢のカタチ~」「NEWSゆう+」毎日放送「ちちんぷいぷい」読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」「かんさい情報ネットten!」TBS「有田とマツコと男と女」テレビ朝日「クイズプレゼンバラエティQさま!!」テレビ東京「極上ゆるり旅」サンテレビ「ニュースシグナル」「ひるカフェ」奈良テレビ「ゆうドキッ!」など)

また、「京山幸枝若が春野恵子をシゴく会」「春野恵子の武者修行 十五番勝負」「恵子&初月の東京・浪曲巡業の旅」「春野恵子のカフェde浪曲」などの企画公演も積極的に行い、各種メディアにて取り上げられる。

2009年、桂あやめ監督映画「あなたのためならどこまでも」にヒロイン役で出演。
2011年一心寺シアター倶楽プロデュースつかこうへい追悼企画・舞台「飛龍伝」主役・神林美智子役。2012年国立文楽劇場・大ホール「浪曲忠臣蔵」に出演。大阪市が未来の大阪文化を担う人材に対して贈る「咲くやこの花賞」大衆芸能部門、文化庁芸術祭賞優秀賞受賞。浪曲親友協会理事。

★主な演目:「番町皿屋敷」「天狗の女房」「両国夫婦花火」「高田馬場」「樽屋おせん」ほか。


Twitter: @KeikoHaruno
http://blog.goo.ne.jp/keiko-haruno/

Back to Top