月刊 平野勝之(第七回)『昼下がりの乱れ妻たち』劇場版総集編

4/19(土) 19:00開場/19:30上映開始

vlcsnap-2014-03-25-02h09m13s244
日時
4/19(土) 19:00開場/19:30上映開始
料金
一律¥1,500 ★人妻割引あり!受付にて自己申告いただいた女性の方は¥1,000
会場
ROOM(2F)

映画監督・平野勝之がAV作品を中心にセレクトし、なかなかお目にかかれない作品を上映するまさかの月例企画、第七弾!


映画監督・平野勝之のフィルモグラフィー&解説集『「監督失格」まで 映画監督・平野勝之の軌跡』(ポット出版刊)の中で取り上げられた作品を中心に、平野監督自らナビゲーターとなり「ぜひ劇場で観てほしい!」と選りすぐったAVから8mm、他レア映像など何が飛び出すか分からない月例上映会。

■上映作品

『昼下がりの乱れ妻たち』劇場版総集編
(1999年/122分/ジャパンホームビデオ)
※全180分を劇場版として再編集。 ※18歳未満の方はご覧いただけません。



【解説】作家、高橋源一郎氏が小説のためAVの撮影現場に取材を決行した三部作。
ナビゲーターを平野が担当し、なぜ本当の人妻がAVに出演するのか?AVとはなんなのか?を高橋さんが追求していくシリーズ。
一流男優、加藤鷹氏や、平野組でお馴染みの痴漢軍団、マゾ男優、現役人妻軍団などが入り乱れ、最後は大混乱、滅茶苦茶な現場へと進展していく。本作の成果は高橋源一郎著、小説「あ・だ・る・と」として出版された。「まったく抜けない」と大評判の三部作(笑)



「高橋さんは元々、AVが大好きだったみたいです。僕なんかより全然詳しいしいっぱい見てるんですよ。だから、そんなに好きなら現場に来てみてよ、って僕がお誘いして実現したシリーズです。さすがにリアル人妻を目の当たりにして、目をシロクロさせてる高橋さんの様子が笑えます(笑)このシリーズも魑魅魍魎で正体不明なキャラクターが入り乱れてますね。最後はワケがわからないままパンツ一丁で奮闘する高橋さんの勇姿がご覧いただけます(笑)」(平野)

■ゲスト

高橋源一郎(作家)

「月刊 平野勝之」について。
これからしばらく毎月1本か2本、定期的に自分の過去作品を上映する事になりました。何せ「監督失格まで」なる本を出版したものの、8㎜含め200本以上の作品が、もろもろの事情で見る事ができない、という状況です。セレクトしてみたら、劇場にかけても見劣りしない作品が50本ぐらい存在する。見れば確実に面白いと思えるものを、少しでも見る機会を与えるべく、整理してお届けしたく思います。やはりAVが多くなりますが、自分の作り方はAVのそれとはまったく違う方法で成立しています。ドキュメンタリーが多いけど、定番のドキュメンタリーの方法ともまるで違います。テレビでもメジャー映画でもないし、実験映画ではもちろんなく、よく自分の映画に言われる「私小説映画」の類いが目的でもありません。

自分的には「ただの映画」だと思ってます。

映画って、笑えて泣けて、ハラハラして面白くて、時には怖かったりグロだったり、憧れたり、美しかったり、考えさせられたり…。
自分にとっての「映画」とはそういうものです。

ただひたすら、そういうものを目指した「映画」がここにはあります。

みなさん、どうぞご賞味ください。

平野勝之
★今後のスケジュールも決定次第アップ致します。ご期待ください!


「監督失格」まで──映画監督・平野勝之の軌跡


著:平野勝之、柳下毅一郎
発行:ポット出版
希望小売価格:2,800円 + 税
四六判 / 432ページ /並製
ISBN978-4-7808-0198-9 C0074
★劇場でも販売します!
Back to Top