女の組曲

2014/7/12(土)、7/13(日) 各日15:30~※ 開場は上映の10分前(整理券は14:30から配布)

female_logic
日時
2014/7/12(土)、7/13(日) 各日15:30~※ 開場は上映の10分前(整理券は14:30から配布)
料金
当日料金 ¥800 (前売り券の販売はありません)
会場
FACTORY(1F)

21世紀の女を描いたオムニバス映画!


前作の異色SF映画『太陽が待ち遠しい!』から一転、現代の女を主人公としたオムニバス映画が誕生した。それぞれの個性を持った四篇が、女の強さや脆さを描き出す。切っても切れない人間関係や生活を共にする異性との間に彼女たちが見出す幸せとは・・・ 普遍的な女の感覚から現代的な女の行動まで、納得のいく未来を切り開こうとする女たちの逞しくも美しい姿は感動と勇気をもたらすでしょう。




<第1話>
ノリと検査薬

ノリは役者修行中の夫と二人、慎ましやかに暮らしている。兄から押しつけられた借金を返済し、夫が役者修行に専念できると思った矢先、妊娠に気づく。夢を追う夫を気遣い彼女は堕胎を覚悟する。


<第2話>
ミツとネズミ

ミツは過去の記憶から精神を病み、同棲する彼と引越しを繰り返す日々。新築の一室に越して間もなく今度はネズミの気配に悩まされる。 ネズミの気配が幻聴ではないことを証明しようと躍起になるのだが…。


<第3話>
マヤとおみくじ

マヤは別居している夫の気を引くため離婚届けを出すがそれをあっさり受け取られてしまう。たまたま入った神社で引いたおみくじが大凶。意地になって次々とおみくじを引いていくが…。


<第4話>
サチと新聞

スナックを経営するサチは突然不倫相手に別れを告げられ、さらに店に謂れのない嫌がらせを受ける。そんな不幸続きに落ち込みそうになるが、とあることをきっかけに事態は好転していく。



監督:真次賢、山口梓乃
出演:関根愛、足立公和、三浦涼子、蒲原友明、内山由香莉、原田シェフ、まつぐけん、一瀬麻衣子、清水鉄也、藤代舞、中村だいぞう、賀谷安里紗、青木伸仁
2014/98分/DV/カラー/スタンダードサイズ/ステレオ
協力 小川英一 佐藤圭次 佐藤素子 ぎんねこコーヒー スナック昴 (有)魚真
製作MAGUfilm


Back to Top