もぐらが一周するまで「R is for rounding mole」「M is for mogura ga issyu suru made」リリースパーティー

1月24日(土)19:00開場19:30開演

omote
日時
1月24日(土)19:00開場19:30開演
料金
予約¥2,500 / 当日¥3,000(共に1ドリンク¥500別)
会場
FACTORY(1F)

出演


もぐらが一周するまで
鴨田潤
apsu × yamanohiroyuki × Hegira Moya
仙石彬人(timepainting)



展示


西村ツチカ
apsu


▼もぐらが一周するまで


佐藤亘によるエレクトリックギターを使用するソロユニット。といいつつパーカッションのトギリョウヘイとのデュオ形式でのライブが最近はメイン。
反復フレーズの減衰/増幅を利用したエレクトリックギターミュージック。ソロライブはもとより、近年はパーカッションとのデュオ形式をはじめ、ミュージシャン、演劇、舞踏、狂言、ライブペイント、パフォーマー、映像集団・・・・とのセッション等、その活動は多岐にわたる。重たい腰をあげての初の音源「R is for rounding mole」 「M is for mogura ga issyu suru made」をリリース。
http://roundingmole.tumblr.com/


▼鴨田潤


2000年に自主リリースした1stアルバム『イるreメ短編座』が音楽ファンの間で広まり話題となる。2004年までに4枚のオリジナルアルバムを立て続けに発表、04年発売のアルバム「www.illreme.com」に於いてはミュージックマガジン誌『ロック(日本)』部門で年間ベスト アルバムに選出される。またジャンルを問わず様々なコラボレーションも精力的に行い、speedometer.とのユニットで「SPDILL/How to feel the empty hours?」、ECDとのユニットで「ECDイルリメ/2PAC」、二階堂和美の全作詞とプロデュースを担当した「二階堂和美のアルバム」を制作。07年、カクバリズム移籍後初となるフルアルバム『イルリメ・ア・ゴーゴー』をリリースし、「FUJIROCK」初出演。翌年にはフランス、ドイツ、ベルギーなどを回る初のヨーロッパツアーを敢行した。作品はその後も08年に「メイド・イン・ジャパニーズ」10年に「360°SOUNDS」をリリース。同時にCM音楽や作詞提供、REMIXと制作の幅を広げてゆく。08年より歌への傾倒からギター弾き語りライブを開始。11年、本名・鴨田潤名義で1stアルバム「一」をリリース。
12年、TRAKS BOYSと組んだポップスバンド(((さらうんど)))の1stアルバム「(((さらうんど)))」。
鴨田潤として初の長編小説「てんてんこまちが瞬かん速」(ぴあ)を発表。最新作は2013年7月発売、(((さらうんど)))の2ndアルバム「New Age」
http://kamodajun.tumblr.com/


▼西村ツチカ


神戸市生まれ。2010年、『なかよし団の冒険』(徳間書店)で漫画家デビュー。同作で第15回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞。他の著書に『かわいそうな真弓さん』(徳間書店)『さよーならみなさん』(小学館)がある。
http://tsuchika.exblog.jp/


▼仙石彬人 AKITO SENGOKU [TIME PAINTING, Visual]


1983年 静岡県浜松市生まれ。京都市在住。2004年より「時間に絵を描く」をテーマに、OHPを用いたヴィジュアルによるライブパフォーマンス”TIME PAINTING”をはじめる。宇宙や空、または細胞の世界を覗きこんだような抽象的なヴィジュアルイメージは、カラーインクやオイル、水などの液体を使って即興的に作られ、投影されている。まるで演奏をするかのように、3台のOHPを同時に操りながら紡がれる、光による物語の世界は、レイヤー状に重なることで深く、より緻密に複雑に広がり続けている。山本精一、ナスノミツル、Fernando Kabusacki、CINEMA dub MONKS、Shing02ほか国内外のミュージシャンや、小野雅子、鈴木ユキオのほかダンサーや舞踏家などジャンルを問わず様々な分野の表現者とコラボレートを繰り返し、流れていく夜にまぼろしのような時間を浮かびあがらせている。
http://akitosengoku.blogspot.jp/
https://vimeo.com/akitosengoku


▼apsu × yamanohiroyuki × Hegira Moya




もぐらが一周するまでのアルバム『M is for mogura ga issyu suru made』のジャケット絵を描いた文様作家Apsu(アプスー)の趣味は怪談蒐集である。
怪談こそが、Apsuの作品の根源である。そんなApsuの怪談の蒐集、披露の場として定期的に開催される怪談会、その会で語られた選りすぐりの怪談、奇談を、今回のレコ発では、GOAT EATS POEMのギタリストであり、9月にWood Frameよりアルバムを出したばかりのHegira Moyaとギターループを得意とするyamanohiroyukiの幽玄な調べに合わせて朗読!!
http://apsu.biz/
yamanohiroyuki
http://hegiramoya.tumblr.com/





Back to Top