月刊 平野勝之(第十五回)HMJM(ハマジム)平野監督特集

2015/3/15(日) 18:00開場/18:30上映開始 ※受付開始は17:00から

vlcsnap-2015-02-12-17h46m54s51
日時
2015/3/15(日) 18:00開場/18:30上映開始 ※受付開始は17:00から
料金
一律¥1,800
会場
FACTORY(1F)

映画監督・平野勝之がAV作品を中心にセレクトし、なかなかお目にかかれない作品を上映するまさかの月例企画


映画監督・平野勝之のフィルモグラフィー&解説集『「監督失格」まで 映画監督・平野勝之の軌跡』(ポット出版刊)の中で取り上げられた作品を中心に、平野監督自らナビゲーターとなり「ぜひ劇場で観てほしい!」と選りすぐったAVから8mm、他レア映像など何が飛び出すか分からない月例上映会。

『劇場版 テレクラキャノンボール2013』『劇場版 BiSキャノンボール2014』などのカンパニー松尾率いるハマジムで、比較的近年に制作された平野作品2本、初の劇場公開です。どちらもAVの可能性を追求したハマジム精神で制作された自信作かつ、スキャンダラスな事実に愕然とする2本立てです。

■上映作品


『淑女 劇場版』(2007年/約70分~80分予定)


【解説】SMがやりたくてAV業界に入った美女、桐島千沙だったが、人妻ドラマばかりの仕事で欲求不満。そんな彼女の夢を叶えるべく、SM現場をセッティングする平野とハマジムスタッフだが…話は思わぬ方向に進み、SM行為からトランス状態になった彼女は、自殺の目撃談から、ついには多重人格となり、異常な精神世界が露呈されていく。精神医学の教授から問い合せまであった問題作。AVサイコホラー、初の劇場公開。

「これは思わぬ事に、AVで本格的なサイコホラーが撮れてしまった珍しい作品です。仕上げの時に、ホラーの要素と共に、音楽の、ダブの手法を導入してみました。まあ、映像のトランスですね。もうひとつなんとなくヒントにしたのが、昔見て、気持ち悪い印象が残っている映画「去年マリエンバートで」です。こういう感じってどうすればいいのかな?って作りました。SMって、実はとても精神的に深い部分まで入ってしまう事があるので、本格的なのはとても危険なんですよ。これ見るとわかると思います」(平野)


『近親相姦 劇場版』(2012年86分)


自分の弟と気軽にセックスした事があると、あっけらかんと語る、売れっ子AV女優、吉岡奈々子。そんなカジュアル近親相姦?の実態に迫ろうと、企画を立てる平野だったが、これまた話は急転直下、思わぬ方向に展開していき、カンパニー松尾、バクシーシ山下、ペヤンヌマキ、ハマジムスタッフ、総出で、世界初の本物近親相姦の撮影に挑む事になる。本物の弟が出演し、実際の様子がドキュメントされていくが、近親相姦のイメージが根底から覆される問題作。一方で爆笑のスリリングな展開が待っていた。見てのお楽しみ。

「これは、自分的には思い出したくもない(笑)監督NGを食らった苦い思い出の品です。でもね、簡単にあきらめるわけないじゃない、このオレが。あのテこのテですよ。相手が悪かったね(笑)まあ、そこまでしてでも、この厳然たる事実は押さえたかったわけです。みんな、近親相姦っていうと、暗い、ドロドロしたドラマを思うんだろうけど、ここに描かれてる事を知ると、そういうイメージが木っ端微塵に吹き飛びます。こういう事は、何と言われようと、人類のために記録しておくべきだ、と、ハリキったんだけど、こん時は裏目に出ました(笑)。おもしろいから見るべし」(平野)


■ゲスト:タートル今田(HMJM(ハマジム)社員監督、本作品にスタッフとして参加)



「月刊 平野勝之」について。
これからしばらく毎月1本か2本、定期的に自分の過去作品を上映する事になりました。何せ「監督失格まで」なる本を出版したものの、8㎜含め200本以上の作品が、もろもろの事情で見る事ができない、という状況です。セレクトしてみたら、劇場にかけても見劣りしない作品が50本ぐらい存在する。見れば確実に面白いと思えるものを、少しでも見る機会を与えるべく、整理してお届けしたく思います。やはりAVが多くなりますが、自分の作り方はAVのそれとはまったく違う方法で成立しています。ドキュメンタリーが多いけど、定番のドキュメンタリーの方法ともまるで違います。テレビでもメジャー映画でもないし、実験映画ではもちろんなく、よく自分の映画に言われる「私小説映画」の類いが目的でもありません。

自分的には「ただの映画」だと思ってます。

映画って、笑えて泣けて、ハラハラして面白くて、時には怖かったりグロだったり、憧れたり、美しかったり、考えさせられたり…。
自分にとっての「映画」とはそういうものです。

ただひたすら、そういうものを目指した「映画」がここにはあります。

みなさん、どうぞご賞味ください。

平野勝之
★今後のスケジュールも決定次第アップ致します。ご期待ください!

第一回『月刊 平野勝之』10/19(土)
上映作品:『アンチSEXフレンド募集ビデオ 劇場版』+おまけ映像『GUST』 ゲスト:カンパニー松尾



第二回『月刊 平野勝之』11/16(土)
上映作品:『ザ・きもだめし 飛んで火に入るAVギャル』+『アブノーマル志願 柔肌(からだ)に教えて2』 ゲスト:バクシーシ山下



第三回『月刊 平野勝之』12/21(土)
上映作品:『ザ・タブー恋人たち』+『ザ・タブー恋人たち2 自力出産ドキュメント』 ゲスト:井口昇(映画監督)、高槻彰(シネマユニット・ガス代表、AV監督)



第四回『月刊 平野勝之』1/18(土)
上映作品:『HOW TOドキュメント わくわく痴漢講座 痴漢の達人、指責めの極意』 ゲスト:小坂井徹(本シリーズのメインスタッフ、最下層AV監督、パンチラ好き)



第五回『月刊 平野勝之』2/15(土)
上映作品:『淫乱カップル 北へ…』 ゲスト:ペヤンヌマキ(AV監督、ブス会*主宰/脚本・演出家)、菊淋(AV男優、監督)




第六回『月刊 平野勝之』3/15(土)
上映作品:『桜井風花としてみませんか?』 ゲスト:柳下毅一郎(映画評論家・翻訳家)




第七回『月刊 平野勝之』4/19(土)
上映作品:『昼下がりの乱れ妻たち』劇場版総集編 ゲスト:高橋源一郎(作家)




第八回『月刊 平野勝之』5/17(土)
上映作品:『SEXレポートNo.1 美人キャスターの性癖』




第九回『月刊 平野勝之』6/21(土)
上映作品:『セックスフレンズ 釈八恵 劇場版』




第十回『月刊 平野勝之』11/15(土)
上映作品:『プロジェクトSEX 劇場版』




第十一回『月刊 平野勝之』12/13(土)
上映作品:『由美香2005 GAS物語』『UNDER COVER JAPAN 風と共に去りヌ』




第十二回『月刊 平野勝之』1/17(土)
上映作品:『アンチセックスフレンド募集ビデオ劇場版』『プライバシーゼロ秘密ライフ』




『月刊 平野勝之』スペシャル2/14(土)
上映作品:『UNDERCOVER JAPAN 新劇場版 2015』




第十四回『月刊 平野勝之』2/22(日)
上映作品:『制服ゲリラ 劇場版』



「監督失格」まで──映画監督・平野勝之の軌跡


著:平野勝之、柳下毅一郎
発行:ポット出版
希望小売価格:2,800円 + 税
四六判 / 432ページ /並製
ISBN978-4-7808-0198-9 C0074
★劇場でも販売します!
Back to Top