ドキュメンタリー映画『ブラインド・ジョー・デスを探して – ジョン・フェイヒーの物語』上映&LIVE&トーク(LIVE出演:ジム・オルーク、トーク出演:ジェイムス・カリンガム監督)

6月15日(月)19:00開場/19:30開演(22:00頃終演予定)※特別興行の為、各回パスポート会員使用不可、サービスデー適応外

John-Fahey-700x466
日時
6月15日(月)19:00開場/19:30開演(22:00頃終演予定)※特別興行の為、各回パスポート会員使用不可、サービスデー適応外
料金
予約¥2,500 / 当日¥3,000(共に1ドリンク¥500別)※特別興行の為UPLINKパスポート使用不可、レギュラー会員割引無し。サービスデー適応外。
会場
FACTORY(1F)
アメリカの作曲家/ギタリスト/作家/挑発者、ジョン・フェイヒー(1939〜2001)を追ったドキュメンタリー映画『ブラインド・ジョー・デスを探して – ジョン・フェイヒーの物語』。フェイヒー自身の貴重なライブ映像とインタビューで構成された本作、全5回のアンコール上映が決定!この短期集中上映にあわせて来日するジェイムス・カリンガム監督のトーク付き上映や、ギタリストのライブ付き上映など各回豪華内容でお届けします。

▼上映作品

『ブラインド・ジョー・デスを探して – ジョン・フェイヒーの物語』(2012年/58分/日本語字幕付き)

*原題「In Search of Blind Joe Death – The Saga of John Fahey」


監督:ジェイムス・カリンガム
出演:ピート・タウンゼント(The Who)、ジョーイ・バーンズ(Calexico)、クリス・ファンク(The Decemberists)、バリー・ハンセン(Dr. Demeto/ラジオパーソナリティ)ほか


▼ライブ出演

ジム・オルーク(Jim O’Rourke)


ジム・オルークは、過去20年に亙って、前衛音楽(アヴァンギャルド)とアンダーグラウンドの両者を架橋する極めてユニークな存在として、ポピュラーとアヴァンギャルド双方の音楽シーンに継続的に関わってきた。前衛音楽の活動としては、トニー・コンラッド、フィル・ニブロック、アーノルド・ドレイブラット、クリスチャン・ウォルフといった作曲家と一緒に仕事をし、またマース・カニングハム舞踊団の音楽部門を、音楽監督の小杉武久と共に担当してきた。自作品は、ベルリンのグループ「ツァイトクラッツァア」等によって演奏されており、CDはジョン・ゾーン主宰のレーベル「ツァディック」他からリリースされている。一方、即興音楽のシーンでは、デレク・ベイリー、ヘンリー・カイザー、イクエ・モリ、坂田明といった、フリー・インプロ界の名だたる元老たちと共演を重ねてきている。 こうした活動と並行して、オルークは1990年代初頭におけるアヴァンギャルドとロックが再会する流れのなかでも一定の役割を果たしていた。彼自身のプロジェクトであるブリーズ・グレースや、二人組ユニットのガスター・デル・ソルでの活動は、「ポスト・ロック」と呼称されるジャンルを産み落とすこととなり、その影響は今日に至るまで続いている。ソロ・アルバム『バッド・タイミング』と『ハッピー・デイズ』は、ジョン・フェイヒィに代表されるアメリカ産スティール・ストリング・ミュージックとミニマリズムの美学という、彼が等しく影響を受けた二つの音楽世界の出会いを構想したものだったが、後に制作されたアルバム『ユリイカ』ではさらに一段と踏み込んで、チャールズ・アイヴズとヴァン・ダイク・パークスの作品に立ち戻って耳を傾け──両者の音楽の複雑性と、歌作りの才能に忠実に従った態度ゆえに──、音楽作品における「歌」の意義が追究された。このような絶え間ない探究こそがオルークを特徴付ける証であり、彼がひとつの場所に留まることはめずらしく、その足どりは強力な影響を及ぼす航跡を後に残しながらつねに前進を続けている。 プロデューサーとしては、ベス・オートン、スモッグ(ビル・キャラハン)、ステレオラブ、くるり、ブリジット・フォンテーヌ、ファウスト、といった唖然とするようなラインナップのアーティスト達を手がけており、なかでもウィルコの2004年のアルバム『ゴースト・イズ・ボーン』では、グラミー賞オルタナティヴ・ミュージック・アルバム部門の年間最優秀プロデューサーを受賞。1999年から2005年にかけては、伝説的なオルタナティブ・ロック・バンド、ソニック・ユースのアルバム・プロデュースを務めると同時にメンバーとしても活動。1999年、ソニック・ユースと打楽器奏者ウィリアム・ワイナントと共に「さよなら20世紀」プロジェクトを立ち上げ、ジョン・ケージ、小杉武久、コーネリアス・カーデュー、アール・ブラウン、クリスチャン・ウォルフの作品を演奏して多くの人々の耳に現代音楽を届けること事に成功した。 映画に対してもずっと以前から関心を注いでおり、ヴェルナー・ヘルツォーク、オリヴィエ・アサイヤス、青山真治といった監督の作品で音楽を担当している。青山真治の『ユリイカ』は、オルークのアルバムのタイトル・トラックから霊感を受けて制作された作品。オルーク自身も映画を撮っていて、2004年と2006年にはホイットニー・ビエンナーレで、2005年にはロッテルダム映画祭で、重要作品として上映されている。

▼トーク出演

ジェイムス・カリンガム (『ブラインド・ジョー・デスを探して – ジョン・フェイヒーの物語』監督)


教育者、ドキュメンタリー映画作家、ライター、放送作家。トロントのセネカ·カレッジでジャーナリズムに関する教鞭を取りながら、カナダ放送協会(CBC)のエグゼクティブプロデューサーを務めている。社会正義、政治、歴史、ポップカルチャーなどをテーマにしたドキュメンタリーの数々は世界各国で上映されており、カナダ国内の新聞、雑誌などでも多く取り上げられている。最新作『ブラインド・ジョー・デスを探して – ジョン・フェイヒーの物語』は15カ国で上映されたほか、英BBCやカナダ、アメリカのTVネットワークでも放送されている。


企画:Union Pole Tapes
協力:安永哲郎事務室
日本語字幕:倉田健次、ジェフ・フチーロ






ジョン・フェイヒーの音楽を巡る旅はワシントンDCから始まった。その旅路は1920年代から30年代の音楽家や記録音源を求めて、ミシシッピデルタへと続き、後の人生の大半をロサンゼルス、セイラム、そしてオレゴンで過ごすに至る。フェイヒーが創設したレコード会社は、インディペンデント・ミュージック・プロダクションの礎として今に引き継がれている。そしてまた、デルタ・ブルーズやアパラチアン・ブルーグラス、ニューオーリンズ・ジャズ、そして「ゴシック・インダストリアル・アンビエンス」と呼ばれる古典アメリカ音楽に関して、国際的理解のための基盤づくりに多大な貢献を果たしたのもフェイヒーその人なのである。

















ジェイムス・カリンガム (『ブラインド・ジョー・デスを探して – ジョン・フェイヒーの物語』監督)

教育者、ドキュメンタリー映画作家、ライター、放送作家。トロントのセネカ·カレッジでジャーナリズムに関する教鞭を取りながら、カナダ放送協会(CBC)のエグゼクティブプロデューサーを務めている。社会正義、政治、歴史、ポップカルチャーなどをテーマにしたドキュメンタリーの数々は世界各国で上映されており、カナダ国内の新聞、雑誌などでも多く取り上げられている。最新作『ブラインド・ジョー・デスを探して – ジョン・フェイヒーの物語』は15カ国で上映されたほか、英BBCやカナダ、アメリカのTVネットワークでも放送されている。
Back to Top