「田辺鶴瑛の『介護講談』」ジャパンフィルムフェスティバル in LA2017 ベストドキュメンタリー賞受賞記念 「爆笑!野生のかいご」お披露目上映+田辺鶴瑛・銀冶・荻久保監督によるトークイベント

7月29日(土)16:00上映 

yaseilogo
日時
7月29日(土)16:00上映 
料金
一律¥2,000
会場
FACTORY(1F)

介護のつらさを 笑いに変えていく



「かみさまとのやくそく」の荻久保則男監督が送る、目から鱗の介護の叡智。



「爆笑!野生のかいご~田辺鶴瑛の『介護講談』~」(60分)上映
田辺鶴瑛+田辺銀冶+荻久保則男監督によるお祝いトーク



女流講談師・田辺鶴瑛さんが、義父の在宅認知症介護の実体験を基に創作した、大好評のオリジナル講談をライブ収録した、「田辺鶴瑛の『介護講談』」(文部科学省選定・90分)を60分に再編集しました。
生活とリハビリ研究所代表・三好春樹さんの名著「野生の介護」(雲母書房)にヒントを得て、ダイジェスト版のタイトルは「爆笑!野生のかいご」に!
作りものではない、真実体験のみが持つ否応のない説得力を、プロの話芸の凄みを、スクリーンで爆笑とともに、ご体験ください。


「認知症介護の考え方と方法が知られていないことが、認知症を悲惨にし、介護を過酷にしているのだ。
この映画は、そのことを見事に教えてくれている。」
生活とリハビリ研究所 三好春樹(「野生の介護」著者)


「田辺鶴瑛の『介護講談』」のご感想をご紹介いたします。

・介護はつらい、苦しい・・・と、ネガティブなことがつきまとう中、
この映画を見て、その人の考え方で周りが変わるのだなぁと しみじみ感じました。
今まで頭でっかちで思っていたことは全て自分が作り出しているし、変わろう!と思ったときに未来、今は変わっていくのだなと痛感しました。
とても素晴らしい映画をありがとうございました。感動しました!
(40代・女性)

・認知症は未知の世界だったのですが、認知症になったらどうなるかがわかり、認知症の方の介護の仕方を教えて頂けて、気持ちがとても軽くなりました。
介護とは、自分に正直に笑いに変えてやっていかれればいいと思いました。
感謝します。
(40代・女性)

介護は先のことだから、自分には関係ないから・・・と思っているうちに、突然訪れるのが介護です。
そのとき・・・どこへ行って、まず何をすればいいの?
貴重な介護の実体験に耳を傾ける時間は決して無駄にはなりません。
転ばぬ先の杖。
涙と大笑いの一時間を、あなたの人生の備えに充ててください。
Back to Top