藤本国彦プロデュース ビートルズの世界 Around The Beatles トーク・イベント第3弾《シリーズ全6回》

1月14日(日)17:00 / 2月16日(金)19:00 / 3月11日(日)17:00※開場時間は15分前からとなります。

main
日時
1月14日(日)17:00 / 2月16日(金)19:00 / 3月11日(日)17:00※開場時間は15分前からとなります。
料金
前売¥2,500(ドリンク付)/当日¥3,000(ドリンク付)
会場
FACTORY(1F)
日程
時間
1月14日(日)

17:00~19:20

購入する

2月16日(金)

19:00~21:20

当日窓口

3月11日(日)

17:00~19:20

購入する

2016年は、来日50周年、ライヴ・ドキュメンタリー映画『EIGHT DAYS A WEEK』公開、さらにリンゴ・スター再来日公演などがあり、2017年も、名盤『サージェント・ペパーズ』50周年記念盤発売やポール・マッカートニーの再来日公演をはじめ、ビートルズ周辺の話題は事欠きません。いまなお聴き継がれるビートルズの魅力はいったいどこにあるのか。恒例のトーク・イベントも第3弾を迎えます。今回は2017年10月から2018年3月までの全6回、前回に引き続き毎回ゲストもお招きしながら、いまなお新たなファンを獲得し続けるビートルズの世界をご紹介します!


【全6回の日程と主な内容】
10月7日(土)17:00
ゲスト:高嶋弘之(東芝音楽工業ビートルズ初代ディレクター)

ビートルズの1964年の日本デビューに際し、レコード会社の担当ディレクターとして尽力した高嶋弘之氏に、人気をいかに広げていったか、当時の痛快なエピソードを中心に伺います。


11月17日(金)19:00
ゲスト:内田万里(ふくろうず)・Rei

『ビートルズ・ストーリー’63』『同’70』の連載記事「ビートルズが教えてくれた」にそれぞれご登場いただいたふくろうずの内田万里さんとシンガー・ソングライター/ギタリストのReiさんに、ビートルズ体験や魅力について伺います。



内田万里(ふくろうず)



Rei


12月8日(金)19:00
ゲスト:カンケ(ラジオ日本『ビートルズ10』パーソナリティ)

プロデュース・作曲・編曲ほか幅広く活躍し、ラジオ番組『ビートルズ10』のパーソナリティとしてもお馴染みのカンケさんをお迎えし、公開トーク・イベントを行ないます。



カンケ


1月14日(日)17:00
ゲスト:星加ルミ子

第1弾のトーク・イベントで1年間ご一緒した星加ルミ子さんに三たびご登場いただき、『ミュージック・ライフ』の元編集長として65年から69年までの5年間、間近で接したビートルズについてのエピソードを伺います。


2月16日(金)19:00
ゲスト:廣田龍人(リッキー)(バッド・ボーイズ~REVOLVER)

73年にバッド・ボーイズでデビュー以来、いまだに精力的なライヴ活動を続けるリッキーこと廣田龍人さんをお招きし、バッド・ボーイズ時代の貴重な音源や映像も紹介しながらビートルズの演奏のツボや魅力について伺います。



廣田龍人(リッキー)
©2016 Yellow Dragon


3月11日(日)17:00
ゲスト:GLIM SPANKY

往年のロックやブルースを消化した音楽性で人気を誇るGLIM SPANKYの松尾レミさんと亀本寛貴さんのお二人をお迎えし、ビートルズの曲作りや演奏の独自性などについて伺います。



GLIM SPANKY

藤本国彦(ふじもと・くにひこ)
ビートルズ研究家/『ビートルズ・ストーリー』編集長。1991年(株)音楽出版社に入社し、音楽情報誌『CDジャーナル』編集部に所属(2011年退社)。2015年にフリーとなり、主にビートルズ関連書籍の編集・執筆やイヴェントなどを手掛けている。主な編著は『ビートルズ213曲全ガイド 増補改訂新版』(音楽出版社)、『GET BACK…NAKED』(牛若丸)、『ビートル・アローン』(ミュージック・マガジン)、『ビートルズ語辞典』(誠文堂新光社)など。「速水丈」名義での編著も多数。映画『ジョージ・ハリスン/リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK』の字幕監修(ピーター・ホンマ氏と共同)も手掛ける。相撲とカレー好き。
Back to Top