根本敬の映像夜間中学|『ディープ・コリアふたたび』公開編集会議(出演:幻の名盤解放同盟、中村保夫)

11月17日(金)19:30開場/20:00開演

doumei_deepkorea
左より湯浅学、根本敬
日時
11月17日(金)19:30開場/20:00開演
料金
一般¥1,999 / 学生¥1,799(共に1ドリンク付き)
会場
ROOM(2F)
リンク

大作「樹海」が話題の特殊漫画家大統領、根本敬の月例トークイベント。今月の開催日は最終金曜日ではなく、会場も2階のスクリーン3(UPLINK Room)に変更となります。ご注意ください。本校は入学手続き一切不要、中途入学大歓迎!


<急遽決定>今月の映像夜間中学は『ディープ・コリアふたたび』の公開編集会議!

幻の名盤解放同盟(湯浅学、根本敬、船橋英雄)が、都築響一氏のメールマガジン「ROADSIDERS’ weekly」に連載中の『ディープ・コリアふたたび』。今回の映像夜間中学は、先頃その取材旅行より帰ってきたばかり同盟の面々と、このプロジェクトの書籍化を担う東京キララ社の中村保夫氏による“公開編集会議”といった体でお届けいたします。


出演: 幻の名盤解放同盟(湯浅学+根本敬+船橋英雄)
聞き手:中村保夫(東京キララ社)

学長の言葉


「夜間中学の進行は近年ネタからネタへ受講生の反応に則して繋いでいくDJならぬVJ的なやりかたが大抵です。これは自分でも毎回どう展開し、どう能く収めるかスリリングなあまり、繋ぎのトークは著しく訥弁化するばかり。しかし苦し紛れのトークが個人的にはよき鍛練となります。ちなみに。前回の夜間中学はエンケンさんの葬儀のあと喪服のまま壇上に立ちました。当然、遠藤賢司ことエンケンの熱い秘蔵映像で偲ぶことからはじめ、天安門事件から間もない中国のロックミュージシャンの戦いの記録にエンケンさんを重ね、最終的には過疎の村に住まい中国人花嫁を向かえた遠藤さんの映像で締めました。いきあたりVJ方式の夜間中学、結構面白いですよ。久しく夜間中学にみえてない方々、同じようなことをただ相も変わらずつづけてるような印象を傍目に与えてるかもしれませんが、常に新しいことを我々映像夜間中学は続けております」(根本敬)
Back to Top