アンディ・ボリュスのサーキットベンディング・ワークショップ|オリジナルノイズマシーン「Ghost Detector(幽霊探知機)」を作ってみよう

5月3日(木祝)【1回目】12:00〜14:00 【2回目】15:00〜17:00

AndyWorkshop
日時
5月3日(木祝)【1回目】12:00〜14:00 【2回目】15:00〜17:00
料金
¥3,800(各回定員10名 / 材料費・作業道具代込み)
会場
FACTORY(1F)
日程
時間
5月3日(木)

12:00~14:00

購入する

15:00~17:00

購入する

パリ在住の奇才イギリス人アーティスト、アンディ・ボリュスによる
初心者向けサーキットベンディング・ワークショップ!


これまでにアンディ・ボリュスのワークショップで制作された「Ghost Detector」の数々


 パリ在住のイギリス人アーティスト、アンディ・ボリュスが今年4月に約10年ぶりの来日を果たします。フランスのアンダーグラウンド・グラフィック・アーティスト集団「ル・デルニエ・クリ(Le Dernier Cri)」の一員として知られる彼は、これまでに多くの画集やポスターを発表する一方で、国際的なノイズ・ミュージックのシーンにおいては「エヴィル・モイスチャー(Evil Moisture)」名義での音楽活動を精力的に展開してきました。サーキットベンディング(音の鳴るおもちゃの電子回路をいじったり別の機能を加えたりして“別のモノ”に改造すること)により生み出された自作ノイズマシーンを駆使して演奏をする彼は、近年ヨーロッパ各国でサーキットベンディングのワークショップを行っています。アンディ先生の指導のもと、あなたも自分だけのノイズマシーン「ゴースト・ディテクター(Ghost Detector|幽霊探知機)」を作ってみませんか? 「ゴースト・ディテクター」は、アンディ先生によれば「空気中の電磁波をアンテナでキャッチし、ノイズとして出力する装置」のようです。とはいえ、シンプルな電子回路のみを使った易しいサーキットベンディングなので、初心者でも安心です。エフェクターブランドM.A.S.F.のTaro Aikoさんにもアシスタントとして参加していただきます。


講師
アンディ・ボリュス (Evil Moisture)

アシスタント
Taro AikoM.A.S.F. / ENDON


日時
5月3日(木祝)
【1回目】12:00より
【2回目】15:00より

★各回ともに10名限定、2時間程度を予定

参加費
¥3,800(材料費・作業道具代込み)
★材料や道具の準備がありますので受付は【4/27(金)正午】に締め切らせていただきます。
★ワークショップ終了後、作業で使用した半田ごてとイヤホンはお持ち帰り頂けます。

会場
アップリンク分室(アップリンク渋谷に集合後、徒歩で移動します)

用意が必要なもの
今回のワークショップで制作するノイズマシーン「Ghost Detector」の“アンテナ”部分となる円筒形のオブジェのみご持参ください。非金属で、高さ15cm以上、直径3cm以上のものであればなんでもOKとのこと。ビン、角材、プラスチックや、骨でも大丈夫だそうです。自分が好きな形にカスタマイズしてみよう!


▼フランス・ストラスブールで行われたワークショップの模様



▼南仏バルジョルの洞窟ギャラリーで行われたEvil MoistureとTristan Favreのコラボレーション



アンディ・ボリュス|Andy Bolus

 2000年初頭よりパリ近郊在住のイギリス人アーティスト。イギリスのレスターでファインアートを学び、映画と絵画を専攻。ロンドン移住後はイーリング区のLondon Film & TV Schoolでアニメーション・アシスタントとして勤務。彼の絵画作品、ビデオ作品、コラージュ作品は(自費出版の他にも)ル・デルニエ・クリなどから発表されている。2005年には大阪でEYヨとRudolf Eb:erとのグループ展を、2009年には東京・高円寺で個展を行った。また2014年には、彼と同じく音楽とビジュアル・アートの分野の双方で活動するデンマークのアーティストZven Balslevとのコラボレーションを行い、コペンハーゲンのギャラリーで複数の展覧会を開催、二冊の作品集を出版している。

 1990年頃より、ヴィジュアル・コラージュ作品の制作と並行し、Evil Moisture名義でカセット、CD、レコードを多数リリースする。近年はPituitary Hunter、Ghost Milkers、Punctured Floating Head、Scare Creem、Convulsing Werewolf etc…といった変名サイドプロジェクトによる作品を、自身のサブレーベル「School Of Meat Cutting」「Royal Sperm」やウェブ・ラジオ「Imperial Sperm」より(2016年までに50タイトル以上!)発表している。また、これまでに映画や音楽についてのテキストを「Bananafish」「E.S.T」「WOOF!」「Headpress」といった雑誌に寄稿しており、現在は自身の夢に関する論考の出版を計画している。

 彼は90年代初頭より、サーキットベンディングやオリジナル電子楽器の制作を行っており、回路の混乱、非リズミックな音を同期させる異常な方法、磁気テープとエレクトロニクスなどを用いたある種のLo-Fi版ミュージック・コンクレートを作り出す。また、Ghost Ditector(幽霊探知機)、光テルミン、ノイジーなシンセなどを制作するワークショップを定期的に開催している。


Label:
http://evilmoisture.free.fr
Visual work:
http://schoolofmeatcutting.free.fr
Discography:
http://www.discogs.com/artist/75301-Evil-Moisture
https://www.discogs.com/label/1035627-Royal-Sperm

★同日の夜にはEvil Moisture(アンディ・ボリュス)、Hair Stylistics(中原昌也)、rokapenisのライブ上映イベントあり! 詳細はこちらから

★アップリンク渋谷にてアンディ・ボリュス&小鳥こたお二人展「ガングロ牧場」を開催! 詳細はこちらから
Back to Top