2013年配給作品

フィルス

2013年11月16日(土)渋谷シネマライズほか、全国順次公開

Filth
(c)2013LithiumPictureLimited
原題
Filth
劇場公開日
2013年11月16日
国内配給期限
2016年11月16日まで
作品分数
97分
上映素材
提供元
パルコ
リンク
予告編
YOUTUBE

発売情報

filth_sell
商品名
フィルス
発売日
2014年5月28日
ソフト
DVDを購入する
動画配信
配信先一覧はこちら

イントロダクション

かつて90年代のサブカルチャーを牽引してきた史上最強の青春映画があった。その名は『トレインスポッティング』。原作はアーヴィン・ウェルシュ。彼が最も映画化したかったという自身のブラックコメディ小説「フィルス」を新進気鋭の監督ジョン・S・ベアードが待望の映画化。どうしようもない男の可笑しくも哀しい姿を描いた、最高にイカした愛と喪失のクライムコメディ。驚くべき真実と衝撃のラストにもノックアウトされること間違いなし!

「この映画は“イカれたおとぎ話”だ。特殊な人間の特殊な物語。日常生活を描いたんじゃない。この映画は、リアリズムを追求してはいない」と語るのは、主演のジェームズ・マカヴォイ。本作では、クレイジーなスコットランド人刑事ブルースを怪演し、かねてからべアード監督が描きたいと思っていたアンチヒーロー像を見事に再現。これまでに見たことのないマカヴォイの魅力が炸裂した。さらには英国を代表する俳優『リトルダンサー』のジェイミー・ベル、新進気鋭で待機作が目白押しのイモージェン・プーツ、エミー賞にもノミニーのジョアンヌ・フロガット、『マーガレット・サッチャー鉄の女の涙』の名優ジム・ブロードベント、『ギャング・オブ・ニューヨーク』などハリウッドでも大活躍のエディ・マーサンなど個性ある面々が曲者揃いのキャラクターを演じる。

ストーリー

スコットランド人刑事ブルース・ロバートソンは、頭脳明晰で事情通、自分の捜査には絶対の自信を持っている。にもかかわらず、その実態はポルノ・売春・不倫はやりたい放題、酒と薬にまみれた悪徳の塊。そのうえ、女性不信で差別主義、出世のために同僚を蹴落とすことにも余念がない。

街がクリスマスムードに浮かれだすころ、日本人留学生が殺される事件が起きる。しかし、初動捜査では目撃者はゼロ。捜査の指揮を任されたブルースは、この難事件で手柄を上げて出世することを目論むが、思いがけず捜査は彼自身の危険な過去をも手繰り寄せていく。

真相に迫るにつれて、激しく錯乱していくブル―ス。彼のめくるめく狂気が身近な人々をモンスターとして再生する……SM嬢ばりの女刑事、娼婦のような妻、獰猛な動物たち、おせっかいな博士――倒錯した世界のなかで暴き出される自らの本性。やがて、目撃者とされる謎の女の存在が急浮上したとき、衝撃の真実が明らかに……。

クレジット

(2013年/イギリス/97分/1:2.35)【R18+】
原作:アーヴィン・ウェルシュ「FILTH」渡辺佐智江訳(パルコ出版)
監督:ジョン・S・ベアード
製作総指揮:ウィル・クラーク
サントラ:クリント・マンセル
出演:ジェームズ・マカヴォイ、ジェイミー・ベル、イモージェン・プーツ、ジョアンヌ・フロガット、ジム・ブロードベント、エディ・マーサン

ちらし

ちらしのPDFをダウンロードする

filth_flyer filth_flyer

場面写真

filth_sub filth_sub2 filth_sub3 filth_sub4

予告編

Back to Top