2013年配給作品

その後のふたり -Paris Tokyo Paysage-

2013年2月9日(土)より渋谷アップリンクほか、全国順次ロードショー

sonogo_main
(c)JinseiFilmSyndicate
原題
Paris Tokyo Paysage
劇場公開日
2013年2月9日
国内配給期限
2014年9月30日まで
作品分数
91分
上映素材
リンク
予告編
YOUTUBE

イントロダクション

東京国際映画祭コンペティション部門で話題となった「ACACIA」に続く、辻仁成監督の待望の新作「その後のふたり -Paris Tokyo Paysage-」はパリと東京を往復する二都物語。「自分たちで資金を集め、自分たちで運営管理する映画を作ろう」という辻仁成監督の呼びかけのもと、スタッフが集まり、製作が始まった。

主演には、日本を代表する女優・坂井真紀を迎え、監督である辻仁成自らも演じ手となっている。その他のキャストとして、ベテラン放送作家の倉本美津留、舞踏家の伊藤キムと彼の舞踏集団輝く未来、現代アート集団Chim↑Pomのエリイ、そしてフランス勢は映画監督ジャック・ペランの元パートナーで映画プロデューサーのシャンタル・ペランや、リュック・ベッソン監督作品などの撮影監督であるジェラール・ステランなど、辻仁成監督ならではの新鮮で個性的な演技陣が集結した。

ストーリー

15年もの長きにわたり、公私ともにドキュメンタリー製作をつづけてきたカップル、純哉と七海。それぞれ映画監督として活動している彼らは、創作上の意見の食い違いから交際を終わらせ、純哉は新しい創作のヒントを求めてパリに渡った。

東京に残った七海の提案で、二人は自分たちを素材として、「別れたカップルのその後を追いかける」ドキュメンタリーの制作を始める。いくつもの季節を越えて、往復書簡のように東京とパリを行き来する、美しくもせつない映像レター。

愛とは、創作とか、人生とは……二人はそれぞれの街の日常や出会う人々をドキュメントするなかで、自分の答えを求め、新しい出会いを探していく。

クレジット

(2011年/日本/91分/16:9)
脚本・監督・編集:辻仁成
撮影:中村夏葉
録音:鈴木昭彦、深野千穂
音楽:磯江俊道
出演:坂井真紀、辻仁成、倉本美津留、伊藤キム、シャンタル・ペラン、セシール・ランシア、ジェラ-ル・ステラン、ミーシャ&チュック兄弟、ドミニク・ブシェ、ケヴィン、エリィ、ロマネスク石飛、ほか
制作:Jinsei Film Syndicate

ちらし

ちらしのPDFをダウンロードする

hutari_omote sonogo_flyer

場面写真

sonogo_sub1 sonogo_sub2

予告編

Back to Top