2014年配給作品

ドストエフスキーと愛に生きる

2014年2月22日より、渋谷アップリンク、シネマート六本木ほか、全国順次公開

ドストエフスキーと愛に生きる
  • この作品は自主上映可能です

    料金など詳細については自主上映のご案内のページをご覧ください

原題
Die Fraumitden 5 Elefanten
劇場公開日
2014年2月22日
国内配給期限
2018年10月9日まで
作品分数
93分
上映素材
リンク
予告編
YOUTUBE

イントロダクション

ロシア文学の巨匠・ドストエフスキーの長編小説『罪と罰』『カラマーゾフの兄弟』『悪霊』『未成年』『白痴』——これらの作品を"五頭の象"と呼び、生涯をかけてドイツ語に訳した翻訳家スヴェトラーナ・ガイヤー。

1923年、ウクライナ・キエフで生まれた彼女は、スターリン政権時代に少女時代を過ごし、ナチス占領下でドイツ軍の通訳者として激動の時代を生き抜いた。そこで、なぜ彼女はドストエフスキーを翻訳しようと考えたのだろうか?

84歳のスヴェトラーナが織り成す深く静かな言語の世界、紡がれる美しい言葉たち、そしてドストエフスキー文学と共に歩んだ一人の女性の数奇な半生を追ったドキュメンタリー。

クレジット

(2009年/スイス、ドイツ/93分/カラー・モノクロ)
監督・脚本:ヴァディム・イェンドレイコ
出演:スヴェトラーナ・ガイヤー、アンナ・ゲッテ、ハンナ・ハーゲン、ユルゲン・クロット
製作:ミラ・フィルム

ちらし

ちらしのPDFをダウンロードする

dost_flyer dost_flyer

場面写真

dostoevskii_sub1 dostoevskii_sub2

予告編

Back to Top