2014年配給作品

映画 きかんしゃトーマス みんなあつまれ! しゅっぱつしんこう

2014年9月13日(土)より、全国ロードショー

tomasminnaatumare_main
(c)2014Gullane (Thomas) Limited.
原題
Thomas&Friends: Calling All Engines!
劇場公開日
2014年9月13日
国内配給期限
2014年11月30日まで
作品分数
61分
上映素材
提供元
ソニー・クリエイティブプロダクツ
リンク
予告編
YOUTUBE

発売情報

tomasminnaatumare_sell

イントロダクション

世界中の子供たちに愛される「きかんしゃトーマス」劇場版長編第2作。

2014年、原作絵本刊行60周年を記念して、静岡県大井川鐡道では日本初となるリアルな蒸気機関車トーマス号が走り始めた。本作ではそれに合わせて、コンピューターグラフィックではなくTVシリーズ放映開始当初のキャラクターモデルを使用。新空港開設へ向けて奮闘する機関車たちの活躍を描いている。

前作に引き続き、監督はロブ・シルベストリ。ジョン・カビラがナレーターをつとめ、比嘉久美子や神代知衣らが声を担当する。

ストーリー

いつもたくさんの観光客で賑わう夏、トップハット卿はより多くの観光客を呼び寄せるため、ソドー島へ新しい空港を建設しようと目論む。ディーゼル機関車たちに邪魔をされながらも、トーマスやパーシーは建設工事で大忙し。

ところが、ある夜。大きな嵐がソドー島を襲い、建設途中の空港は被害を受けてしまう。復旧をこころみるも、蒸気機関車とディーゼル機関車の対立が激しくなり、思うように作業は進まない。そこで、トーマスたちは会議を開き、ディーゼル機関車たちに協力を要請する。はたして蒸気機関車とディーゼル機関車は和解できるのだろうか? そして、空港は無事に完成を迎えられるのだろうか?

クレジット

(2005年/イギリス/61分/16:9)
監督:スティーブ・アスキス
脚本:シャロン・ミラー
ナレーター:ジョン・カビラ
声の出演:比嘉久美子、神代知衣、納谷六朗、ほか

ちらし

ちらしのPDFをダウンロードする

tomasminnaatumare_flyer_omote tomasminnaatumare_flyer_ura

場面写真

tomasminnaatumare_sub1 tomasminnaatumare_sub2

予告編

Back to Top