2015年配給作品

首相官邸の前で

2015年9月19日(土)より、渋谷アップリンクほか全国順次公開

shushou_main
  • この作品は自主上映可能です

    料金など詳細については自主上映のご案内のページをご覧ください

劇場公開日
2015年9月2日
作品分数
109分
上映素材
リンク
予告編
YOUTUBE

イントロダクション

2012年夏、東京。約20万の人びとが、首相官邸前を埋めた。NYの「ウォール街占拠」の翌年、香港の「雨傘革命」の2年前のことだった。しかしこの運動は、その全貌が報道されることも、世界に知られることもなかった。人びとが集まったのは、福島第一原発事故後の、原発政策に抗議するためだった。事故前はまったく別々の立場にいた8人が、危機と変転を経て、やがて首相官邸前という一つの場につどう。彼らに唯一共通していた言葉は、「脱原発」と「民主主義の危機」だった――。

スタッフは総勢2名、企画決定まで30分。「映画を作ろうじゃないか。監督と出資は俺で、撮影と編集は君だ」。そこから製作は始まった。ネット上で探し当てた自主撮影映像を、撮影者の賛同と協力にもとづき多数使用し、現場映像だけが持つ生の迫力を伝える。原発事故の恐怖、運動の台頭、首相との会談までの経緯を、元首相を含めた世代・国籍・出身・地位、全てがちがう8人の体験のインタビューで構成した。

はたして、民主主義の再建は可能なのか。著作で数々の賞をうけた歴史社会学者の小熊英二が初の映像監督をつとめ、現代日本に実在した希望の瞬間の歴史を記録したドキュメンタリー。

クレジット

(2015年/日本/109分/日本語 [英語字幕つき] ) 
企画・製作・監督・英語字幕:小熊英二
撮影・編集:石崎俊一
音楽:ジンタらムータ
英語字幕校正:デーモン・ファリー、リンダ・ホーグランド
出演:菅直人、亀屋幸子、ヤシンタ・ヒン、吉田理佐、服部至道、ミサオ・レッドウルフ、木下茅、小田マサノリ ほか

ちらし

shushou_flyer_omote ura

場面写真

shushou_sub_01 shushou_sub_02 shushou_sub_03 shushou_sub_04

予告編

Back to Top