2016年配給作品

もしも建物が話せたら

2016年2月20日(土)より、渋谷アップリンクほか全国順次公開

main_s
  • この作品は自主上映可能です

    料金など詳細については自主上映のご案内のページをご覧ください

原題
Cathedrals of Culture
劇場公開日
2016年2月20日
国内配給期限
2021年12月31日まで
作品分数
165分
上映素材
提供元
株式会社WOWOW
リンク
予告編
YOUTUBE

イントロダクション

ヴィム・ヴェンダース製作総指揮!ヴェンダース、レッドフォードを含む6人の監督が、思い入れのある建築物の心の声を描き出す、オムニバス・ドキュメンタリー。

もし建物が話せたら、私たちにどのような言葉を語り掛けるのだろうか。
建物は文化を反映しており、社会を映し出す鏡でもある。一昔前、欧米ではその街を代表する建物は教会であり、教会を見ることによってその街の文化も人々の暮らしも垣間見えた。現代におけるその街を象徴する建物とは?世界の名監督6人がそれぞれの街で人々と思い出を共有する、思い出の詰まった文化的建物のストーリーを描き出す。

クレジット

(2014年/ドイツ、デンマーク、ノルウェー、オーストリア、フランス、アメリカ、日本/165分/英語/Color/16:9/DCP/原題:Cathedrals of Culture)
監督:ヴィム・ヴェンダース、ミハエル・グラウガー、マイケル・マドセン、ロバート・レッドフォード、マルグレート・オリン、カリム・アイノズ
製作・提供:株式会社WOWOW
配給・宣伝:アップリンク

予告編

Back to Top