2018年配給作品

ラッカは静かに虐殺されている

2018年4月14日よりポレポレ東中野、アップリンク渋谷ほか全国順次公開

raqqa_main
  • この作品は自主上映可能です

    料金など詳細については自主上映のご案内のページをご覧ください

原題
City of Ghosts
作品分数
92分
上映素材
リンク
予告編
YOUTUBE

発売情報

動画配信
配信先一覧はこちら

イントロダクション

「メキシコ麻薬密売地帯に危険を顧みず潜入した前作『カルテル・ランド』でアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞候補になるなど各国の映画祭で高い評価を受け、ドキュメンタリー作家として一躍その名を世界に轟かせたマシュー・ハイネマン監督。彼が次にカメラを向けたのは、5年間での死亡者が47万人*にものぼるシリア内戦だった。その内戦で兵士ではなく、市民が結成したジャーナリスト集団“RBSS”(Raqqa is Being Slaughtered Silently/ラッカは静かに虐殺されている)。彼らがスマホを武器に闘うニュータイプの戦争に迫る。製作総指揮にアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞『「闇」へ』を監督したアレックス・ギブニーが務め、想像を絶するほどの極限の緊迫感を持つドキュメンタリーが完成した。
*2011年~2015年の推定数:シリア政策研究センター調べ

クレジット

監督・製作・撮影・編集:マシュー・ハイネマン(『カルテル・ランド』)
製作総指揮:アレックス・ギブニー(アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞『闇へ』監督)
(2017/アメリカ/92分/英語・アラビア語/1:2.35/5.1ch/DCP)
配給・宣伝:アップリンク

予告編

Back to Top