甲野善紀身体操作術

ULD-353 | DVD | 2006年作品|本編90分・特典88分|カラー|4:3スタンダード|日本|オリジナル日本語|ステレオ|片面二層

定価 \2,940(本体価格 \2,800)
販売価格 \2,646 (本体価格 \2,520)


劇場公開時、多数のメディアで話題沸騰!桑田真澄投手や、宇宙飛行士の野口聡一氏に身体の使い方を伝授する一方、より身体に優しい介護の仕方を提唱する武術研究者、甲野善紀氏を追った初ドキュメンタリー!
本とDVDが一緒になったアップリンク選書。第一弾!

ブック収録内容(64ページ)

  • 監督解説
  • プロフィール
  • 出演者のコメント/プロフィール
  • コメント集(養老孟司、他)
  • 作品レビュー
  • インタビュー
  • 直筆メッセージ(印刷)

DVD特典内容(88分)

  • 本編未収録映像(エキストラ・シーン/インタビュー)
  • トークショー収録

人は生きている限り身体のどこかを動かしている。そして身体の動きの大半は、意識せずしての動作である。 この映画は意識していない身体の動かし方、あるいは意識していても固定概念に捕われた身体の動かし方をしている私たちに、身体操作術をもってして眠っていた"可能性"を呼び起こそうとする甲野善紀を追ったドキュメンタリーである。

養老孟司氏が「強さや技術はもちろんだが、その立ち居振舞いの美しさに目を奪われた」と賛美した甲野善紀の追求する身体操作術。桑田真澄投手に指導をし、宇宙飛行士の野口聡一氏に宇宙での体の使い方を教え、桐朋高校バスケットボール部をインターハイに導くなど様々な人、分野に応用されている。また身体のプロフェッショナルに限らず、楽器演奏、舞踏、介護や日常生活の動作にも応用されている。......続きを読む

1949年東京生まれ。武術研究者。1978年自分自身が納得いく武術の研究をするため武術稽古研究会松聲館(しょうせいかん)を設立(同会は2003年、発展的に解散)。

「踏ん張らない、捻らない、ためない」という従来のスポーツ運動論の枠にはまらない独自の身体操作論にもとづき、人の身体の仕組みに逆らわず、負担を極力減らす術理、技法を探究する。また日本に古くから伝わる「ナンバ歩き」いち早く紹介し世に広めた事でも有名。......続きを読む

監督:藤井謙二郎

現代っ子は、頭でっかちで身体性に欠ける。そんな類いのことは昔から散々言われてきた。更に昨今の猛烈なインターネットの普及により、たとえ机の前で不動明王と化していても、膨大かつ多様な情報がクリック一つで手に入ってしまうハイテク時代。頭と体あるいは知識と行動の肉離れは、誰もがふとあちらこちらで感じていることだろう。......続きを読む

予告編を観る

このサイトでは、『甲野善紀身体操作術』へのトラックバックを受け付けています
詳しくはこちら

甲野さんの身体術は、見なきゃわかりません。本人を見るのがいちばんですが、それができなきゃ、映画館で見るしかない。

養老孟司(解剖学者)

15年前、甲野先生が『井桁崩しの原理』を発見なさった頃、その記述を読んで「これは演技論だ!」と夢中になった。だが俳優が演じる役柄は自己と他者との軋轢のなかにいることが多く、滞り、居着いた、「間違った身体」の状態を模索することが多い。
その「間違った」状態に如何に「正しく」もっていくか…この作品にはその「矛盾した」「実践」のヒントが隠されている。

佐野史郎(俳優)

「武術を極めるにはあくまで技をつきつめる以外にない」という甲野さんの確かな指針が、ぼくにも「武蔵を描ききるには、結局、自分の身体に耳を済ませるしかないんだ」という具体的なアプローチを気づかせてくれたのだと思います。
※『武術への招待』(宝島社)P.6より抜粋

井上雄彦(漫画家)
『バガボンド』『スラムダンク』

甲野善紀さんは声がいい。 人の声というより、川の流れる気配のような声です。 この人は、身体のうちに、大いなる自然をひろげているのでしょう。

武田鉄矢(俳優・歌手)