『バーク アンド ヘア』

上映終了

B&Hメイン
(C)2010 Burke & Hare Films Limited and Entertainment Film Distribution Limited.
日時
上映終了
料金
一般¥1200/学生・シニア・UPLINK会員¥1,000
会場
ROOM(2F)
作品分数
91分
リンク
『宇宙人ポール』『ショーン・オブ・ザ・デッド』サイモン・ペッグ主演!『ブルース・ブラザース』『サボテン・ブラザーズ』のジョン・ランディス監督!の最強コンビ!!

この物語は実話である、ただし一部を除いては・・・。
エジンバラの露店で万病の薬と偽りチーズのカビを売る2人の男・・・バーク(サイモン・ペッグ)とヘア(アンディ・サーキス)。インチキ商売が暴かれ稼ぎも無く、家賃収入を期待し家に帰るが・・・部屋の借主は死んでいた。死体の処理を言い付けられ運んでいる時に耳にしたのが「解剖学の権威であるモンロー博士に死体を独り占めされている、ライバルのノックス博士(トム・ウィルキンソン)が死体を6ポンドで買い取る」という噂だった。2人は樽に詰めた死体をノックス博士の元に持ち込んだ。値切られはしたものの5ポンドを手にした2人は死体を売り付ける事で商売をしようと相談した。そんなに都合よく死体が転がっている訳もなく・・・2人が墓荒しをしていると、民兵隊に見付かりあわや逮捕となりかけた。一層の事、死体が無いなら作れば良い。2人は武器を手に街に繰り出す。たまたま襲った相手が、殺す前にショック死してしまう。味をしめた2人は再び街に出るがそんな偶然は続かず、とうとう本当に人を殺してしまう。しかし、そんな悪事がばれない筈もなく・・・。

□ウェストポート連続殺人事件とは
エジンバラで1827年~1828年にかけて起こった事件。ウィリアム・バークとウィリアム・ヘアは、17人の被害者の死体をエジンバラ医学校に売った。上客はロバート・ノックス医師。バークの愛人とヘアの妻も共犯とされる。当時、イギリスの医学校では合法的に得られる研究用の死体の供給が不足したため、死体泥棒(死体盗掘)が横行していた。イギリスでは、言う事を聞かない子供に親は「バークとヘアが来る!(アメリカで言う所のブギーマン)」のように使われたりしている。事件後、解剖に関わる法律の立法のきっかけになった有名な事件。


『バーク アンド ヘア』(2010年/イギリス/カラー/英語/91分/シネスコ/原題:Burke&Hare)
監督:ジョン・ランディス「星の王子ニューヨークへ行く」「ビバリーヒルズコップ3」「ブルース・ブラザース」  
脚本:ピアーズ・アシュワーズ「GOAL!3ワールドカップの友情」、ニック・モーアクロフト
製作:バーナビー・トンプソン「理想の結婚」「ラッキー・ブレイク」
出演:サイモン・ペッグ、アンディ・サーキス、トム・ウィルキンソン、アイラ・フィッシャー
配給・宣伝:ファインフィルムズ


Back to Top