『ザ・シティ・ダーク – 眠らない惑星の夜を探して』アンコール上映

上映中~11/2(金)

citydark03
日時
上映中~11/2(金)
料金
一般 1,500円/大・高校生 1,300円(平日学割¥1000)/中・小・シニア・UPLINK会員 1,000円
会場
X(2F)
作品分数
87分
リンク

都会の明かりは、夜空から「星」を奪ってしまった…。


街中に光が溢れる夜のニューヨーク。まるで24時間営業のように降り注ぐ人工の光。ふと空を見上げるとそこにはあるはずの星がない。人間が豊かな生活を送るために発明された「光」。その便利さとひきかえに夜から星空を奪ってしまった。そして変化は人間の歴史や動物の生態系にまで及ぼうとしている。眠らない 夜を過ごす人々。常に光を体に浴び続け、やがてその体は蝕ばまれていく。
「光害」は今、世界各地で問題となっている。
幾千もの星空が眺められるハワイ。空が窮屈に感じられるほどに敷き詰められた星の数々。宇宙から見れば地球は1つの惑星に過ぎないと思える瞬間。夜空の星を見上げながらその広大な宇宙に思いを巡らせ、生み出された様々な神話。無限の可能性を感じさせる星空。何千年もの昔から語り継がれた夜の星座の物語。輝 く星の明るさを頼りに夜の空を旅立つ渡り鳥。水面に反射する光を頼りに海へと向かう生まれたばかりのウミガメ達。
夜の空から星空を奪うことは本当に良いことなのでしょうか? 人間はどうすれば星空と共存していけるのでしょうか?
「The City Dark」は様々な専門家に取材をし、星空の大切さと人工の光が及ぼす問題について描いた、ドキュメンタリー映画です。




『ザ・シティ・ダーク – 眠らない惑星の夜を探して』(アメリカ/2011年/87分/英語/原題:The City Dark)
監督:イアン・チーニー(「キング・コーン」)
日本語字幕:エッセンシャルライト ジャパン プロジェクト/日本映像翻訳アカデミー
主催:エッセンシャルライト ジャパン プロジェクト
協賛:エルコライティング株式会社/株式会社遠藤照明/オーデリック株式会社/コイズミ照明株式会社/大光電機株式会社/マックスレイ株式会社/山田照明株式会社



Back to Top