『ミツコ感覚』

上映終了

mitsuko_main
日時
上映終了

いびつで不完全な日常が生み出す、愚かしくも愛おしい、
美しい姉妹を取り巻くデイリーライフのお話。


東京郊外
袋小路のような街で暮らす姉妹、ミツコとエミ。

ごく一般的な生活、普通の幸せを望んでいるはずの彼女たちの日常は、常に何かが足りなくて、何かが過剰。幸せを信じたい彼女たちの手から、幸せは容赦なくぽろぽろと落ちていく。
それでも彼女たちは、明日にすがりながら生きていく。小さな希望の光を手探りで追いかけながら―

本作はそんな不完全な日常の旋律が生み出す、奇妙で愚かしく、そしてどこか愛おしくもある、ある姉妹を巡る「幸せ探し」の物語であり、誰にでも起こりえる、あるいは起こりえないデイリーライフのお話しである。

◆『ミツコ感覚』公式サイト
http://mitsukokankaku.jp/




出演/初音映莉子
1982年生まれ、東京都出身。16歳でデビューしCMに出演。99年にドラマ「ラビリンス」で女優の道へ。以降、映画・舞台・ドラマと幅広く活躍している。近年は、NHK連続テレビ小説「おひさま」や映画「ノルウェイの森」等、話題作に出演。現在、最も注目されている女優の一人である。

監督/山内ケンジ
CMディレクター兼、舞台演出家、劇作家で本作にして長編映画監督デビュー。1958年 東京都出身。1983年 電通映画社入社。1992年 フリーランスになる。*CMディレクター時は山内健司の名義で活動。近年はCM以外に山内ケンジ名義で、“ 城山羊しろやぎの会”の演出家。劇作家、映画監督を務める。
主なCM作品にソフトバンクモバイル『白戸家シリーズ』日清食品UFO『ヤキソバンシリーズ』など。





『ミツコ感覚』(2011年/日本/106分)
監督・脚本:山内ケンジ
製作:小佐野保
プロデューサー:木村大助
撮影:橋本清明
照明:清水健一
美術:原田恭明
出演:初音映莉子、石橋けい、古館寛治、三浦俊輔、山本裕子、永井若葉
企画・製作・配給:ギークピクチュアズ



Back to Top