『ヴィダル・サスーン』

上映終了

VSmains
日時
上映終了
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,000)/シニア・UPLINK会員¥1,000
会場
ROOM(2F)
作品分数
91分
リンク

その男は、ハサミ一つで世界を変えた


サスーン・カットと言われる斬新なカットと確かな技術で60年代スウィンギング・ロンドンのファッション・シーンを牽引し、現在の美容界に多大なる影響を及ぼしたヘア・スタイリスト、ヴィダル・サスーンのドキュメンタリー


「どんな斬新なスタイルを作っても、すでにヴィダル・サスーンがやってるんだ」
60年代、ロンドン。ポップで軽やかなファッションが世界を席巻した。1950~60年 代、イギリスの首都ロンドンを舞台に誕生した文化、スウィンギング・ロンドン。ミニスカートのマリー・クワントとともにファッションシーンを牽引したヘア・スタイリストが、ヴィダル・サスーンだ。サスーンのサロンには多くのモデルや女優、著名人が集った。ミニスカートの女王ツィギー、数々のファッション誌の表紙を飾ったトップモデル、ジーン・シュリンプトン・・・彼女たちを魅了したものは一体何だったのか?これまでの、スプレーで固めた窮屈なヘアスタイルではなく、「ウォッシュ&ゴー」(=洗ったまま何もしなくても出かけられる)と称されるスタイリングは、女性のヘアだけでなく、生き方をも自由にした。彼の斬新なヘアスタイルはVOGUEの表紙をかざり、ロマン・ポランスキー監督『ローズマリーの赤ちゃん』ではミア・ファローのヘアカットを担当するなど、ロンドンだけにとどまらず世界中に広まっていった。

孤児院から国際的セレブへと至る、波乱の人生を描いたドキュメンタリー
ロンドンの孤児院で育ち、ユダヤ人排斥の波の中で戦争と貧困を生き抜き、国際的な名声をおさめるに至ったヴィダル・サスーン。髪を盛り、オカマ式ドライヤーでセットし、スプレーでセットするという旧態依然とした美容界に断固たる信念を持って抵抗し、常に新しい変化を求め、やがて美容界のみならず当時のファッション、カルチャーへと変革を与え、時代そのものをクリエイトしていった。渡米、実業家としての成功。今なお影響を与え続ける「ハサミ一つで世界のファッションを変えた男」の軌跡を、VOGUEのグレイス・コディントンは「えり足をカットした時に感触で分かったわ。 “終わったよ 頭を振って”…忘れられないわ」と語り、盟友マリー・クワントは「女性の髪を変えたのはあなただわ」と語った。




『ヴィダル・サスーン』(2010年/米国/91分)
監督:クレイグ・ティパー
プロデューサー:マイケル・ゴードン、ジャッキー・ギルバート・バウアー
アートディレクター:スティーヴ・ハイエット
脚本:へザー・ゴードン
キャスト:ヴィダル・サスーン、マリー・クワント、グレイス・コディントン他
宣伝・配給:アップリンク
http://www.uplink.co.jp/sassoon/







ヴィダル・サスーン
1928年イギリス生まれのユダヤ人。5歳から11歳までユダヤ教会の孤児院で過ごす。
14歳のとき、美容師アドルフ・コーエンの元へ弟子入り。ユダヤ人排斥の波の中で、1948年イスラエル国防軍に参加。帰還後は有名美容師レイモンドに弟子入りし、修行を積む。1954年26歳でボンドストリートに自分のサロンをオープン。エレベーターもないビルにあったサロンは、二年後には大成長を遂げた。1963年女優ナンシー・クワンの髪をカット。この、世界で初めてのグラデーションボブは VOGUEの表紙を飾り、ヴィダルの名を一気に有名にした。64年、ジオメトリックカットの最高傑作「ファイブ・ポイント・カット」誕生。65年、アメリカ進出。その後カナダ、ドイツにも続々とサロンをオープンした。69年には美容学校「ヴィダル・サスーン・アカデミー」を設立。世界中からヴィダルのテクニックを学びたいという人々が集まり、数々の優秀な人材を排出した。73年、ヘアケア製品を開発、83年にヘアケア商品の部門を売却。2002年にはサロンとアカデミーを美容店大手のリージンが買収。2012年現在84歳。経営権は失ったが、彼の名を冠したサロンは世界に31と、アカデミーが14あり、世界のヘアモードをリードし続けている。
Back to Top