『happy-しあわせを探すあなたへ』

上映終了

happy
日時
上映終了
料金
一般¥1,600/学生¥1,400(平日学割¥1,000)/シニア・UPLINK会員¥1,000
会場
FACTORY(1F)
作品分数
76分
リンク

映画『 happy 』は幸せについての映画です。
いや、あなたを幸せにする映画かもしれません。


アカデミー賞ノミネート監督ロコ・ベリッチ (『ジンギス・ブルース』)が
人類最大のテーマ「幸せ」を探しに世界5大陸を巡るドキュメンタリー


アメリカでは1981年から幸福度研究が始まり、幸福度を教える講座はハーバード大学で人気となりました。過去50年でアメリカ経済は大きく飛躍し、平均的なアメリカ人の収入は倍増しましたが、幸福度はある時点で頭打ちとなっています。お金持ちになっても、幸せはさほど増えないことが分かってきたのです。では何が私たちに幸福感を与えるのでしょうか?

最新のデータによると 日本は、先進国で最も不幸せな国とされています。経済的成長と物質的繁栄に重きを置いた結果、「過労死」が社会問題化するほどストレスの多い社会となってしまいました。一方で同じアジアのブータンでは全く異なるアプローチを選択しました。GDP(国内総生産)ではなく、GNH(国民総幸福量)を最大化しようとしているのです。
どうしたら私たちは幸せになれるのでしょうか?『happy  しあわせを探すあなたへ』 は、幸福度の研究における世界的リーダーであるエド・ディーナー博士やリチャード・デビッドソン博士など、心理学や脳医学の世界的権威たちと共に、私たちがどのようにより充実感を得て、なおかつ健康で幸せな生活を手に入れることができるかを探求します。
あなたをルイジアナ州の湿地帯からナミビアのカラハリ砂漠まで、またはブラジルのサーフィン村からブータンの山麓、東京新橋のサラリーマン街に至るまでお連れします。コルカタの貧しい人力車ドライバーの知恵、マザー・テレサの家で重病者の介護のするボランティアの思いやり、そして世界有数の幸福度の研究者の知識に耳を傾けてみましょう。

『happy-しあわせを探すあなたへ』 は、現実の人間ドラマと最先端の科学を掛け合わせることで、幸福度という謎を明らかにしていきます。




『happy-しあわせを探すあなたへ』(2012年/76分/アメリカ/Color HD)
監督/撮影監督/プロデューサー:ロコ・ベリッチ
メインプロデューサー:清水ハン栄治
プロデューサー:フランシス・リード
製作総指揮:トム・シャドヤック
編集:ヴィヴィアン・ヒルグローブ
撮影監督/アソシエイトプロデューサー:エイドリアン・ベリッチ
ナレーション:マーシー・シャイモフ
出演:エド・ディーナー、ソーニャ・リュボミアスキー、ダニエル・ギルバート、グレゴリー・バーンズ、
ミハイ・チクセントミハイ、P. リード・モンタギュー、ティム・キャサー、リチャード・デビッドソン、
ダライ・ラマ 14 世、ダショー・キンレイ・ドルジ ほか
製作:ワーディ・ラム・プロダクションズ
配給・宣伝:ユナイテッドピープル


【受賞歴】
・メキシコ国際映画祭 ― 最優秀ドキュメンタリー作品賞
・マウイ映画祭 ― 最優秀ドキュメンタリー作品賞
・コスタリカ国際映画祭 ― 最優秀作品賞
・アリゾナ国際映画祭 ― 最優秀観客賞
・アムステルダム映画祭 ― 最優秀批評作品賞
・リンコン・プエルトリコ国際映画祭 ― 最優秀ドキュメンタリー作品賞
・マイアミ国際ドキュメンタリー映画祭 ― インスピレーション賞
・テルライド・マウンテン映画祭 ― 最優秀観客賞
・メンドシーノ映画祭 ― 最優秀観客賞
・フラッグスタッフ・マウンテン映画祭 ― 最優秀観客賞



Back to Top