『アントン・コービン 伝説のロック・フォトグラファーの光と影』

上映中~6/7(金)

main
日時
上映中~6/7(金)
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,000)/シニア・UPLINK会員¥1,000
会場
X(2F),ROOM(2F)
作品分数
84分
リンク

6/7(金)20:50の回上映後、トークイベント決定!

「ロンドンの写真家とミュージシャンとのアートな関係」について

写真家のハービー・山口さんをゲストに迎え、トークイベントを行います!
スライドショーを見ながら、実際にアントン・コービン氏とお会いした時のエピソードなど語って頂きます!この機会にぜひ劇場にお越しください。

ハービー・山口 プロフィール
1950年、東京都出身。中学2年生で写真部に入る。大学卒業後の1973年にロンドンに渡り10年間を過ごす。一時期、劇団に所属し役者をする一方、折からのパンクロックやニューウエーブのムーブメントに遭遇し、デビュー前のボーイ・ジョージとルームシェアをするなど、ロンドンの最もエキサイティングだった時代を体験する。そうした中で撮影された、生きたロンドンの写真が高く評価された。帰国後も福山雅治など、国内アーティストとのコラボレーションをしながら、常に市井の人々にカメラを向け続けている。多くの作品をモノクロームの、スナップ・ポートレイトというスタイルで残している。 その優しく清楚な作風を好むファンは多く、「人間の希望を撮りたい」「人が人を好きになる様な写真を撮りたい」というテーマは、中学時代から現在に至るまでぶれることなく現在も進行中である。写真発表の傍ら、エッセイ執筆、ラジオ、テレビのパーソナリティー、さらには布袋寅泰のプロジェクト「ギタリズム」では作詞家として参加している。


世界最強のロック・フォトグラファーのすべてがここに


ザ・ローリング・ストーンズ、ジョイ・ディヴィジョン、メタリカ、ニルヴァーナ、コールドプレイなど世界最高のアーティストたちを撮り続けてきた最強のロック・フォトグラファー、アントン・コービン。緻密な構図とアーティストの本質に迫るその唯一無二の作風はアーティスト本人たちから爆発的な支持を受け、単なる写真撮影にとどまらず、アルバムのアート・ディレクション、ステージ・デザイン、PV制作などあらゆる表現でカルチャーシーンを牽引してきた。
近年は映画制作にも精力的で、2007年のイアン・カーティスをモデルとした『コントロール』は初監督ながら世界中で絶賛され、カンヌ国際映画祭カメラドールを獲得した。ジョージ・クルーニーを主演に迎えた『ラスト・ターゲット』ではハリウッド進出も果たし、さらには全米初登場1位を記録した。

新作“A Most Wanted Man”ではレイチェル・マクアダムス、フィリップ・シーモア・ホフマン、ロビン・ライト、ウィリアム・デフォーといった錚々たる面々がアントンのもとに集結している。華やかな世界で30年以上にわたり活躍を続けるアントンだが、その私生活は決して明かそうとしなかった。1955年、オランダで牧師の息子として生まれた彼が世界的なロック・フォトグラファーになるまで、そして成功を手にしてからの心の軌跡を追いかけたのは、同じくオランダ出身の女性監督クラーチェ・クイラインズ。C.クイラインズは4年にわたる密着で、彼の抱える“孤独”と“哀しみに”に迫っている。

U2、メタリカ、ルー・リード豪華アーティストたちとのエキサイティングな創作現場などの貴重な映像が満載!


最大の見どころはU2、デペッシュ・モード、メタリカ、ルー・リード、ジョージ・クルーニーといった世界トップのアーティストたちとアントンの作品創りの様子だ。特にU2、デペッシュ・モードは、アントンとの約30年におよぶコラボレーションの中で培われた濃密な関係性がある。
ボノ、マーティン・ゴアの貴重なインタビューから垣間見れるのは、アーティストとフォトグラファーという関係を超えた緊密なつながりだ。その他、アルバムのために撮り下ろした写真をルー・リードとメタリカのメンバーたちに初めて見せるという貴重な現場もとらえている。異色のコラボレーションが大きな話題となった2011年発売のアルバム『LuLu』の写真だ。ジェイムズ・ヘッドフィールド、カーク・ハメットのインタビューも必見。映画』「ラスト・ターゲット』の撮影現場で、ハリウッド・スター、ジョージ・クルーニーとアントンのきめ細やかなやり取りも非常に興味深い。
グラミー賞受賞バンドのアーケイド・ファイア、ドイツを代表するアーティストのヘルベルト・グレーネマイヤーのインタビューも印象的だ。



『アントン・コービン 伝説のロック・フォトグラファーの光と影』
(2012/英語、オランダ/84分/ヴィスタ)
監督:クラーチェ・クラインズ
出演:アントン・コービン、アーケイド・ファイア、ボノ(U2)、メタリカ、ルー・リード、マーティン・ゴア(デペッシュ・モード)、ジョージ・クルーニー
配給:シンカ
Back to Top