『クラッキングライフ』『ウタカタノトキ』3日間限定上映

上映終了

C_life_main
『クラッキングライフ』より ©オフィスバード
日時
上映終了
料金
一律¥1,500 ※パスポート使用不可、各種割引・サービスデー適応外
会場
ROOM(2F)
作品分数
『クラッキングライフ』42分/『ウタカタノトキ』45分

連日舞台挨拶・トークショー開催予定!



【上映作品】


『クラッキングライフ』(42分)


2014年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭[ニシ・ゾウイベント 復活!フォーラムシアター]上映作品


中学時代にイジメにあって以来、引きこもり生活を続ける康平(19歳)はインターネットの動画サイトで偶然イジメの主犯格だった裕之を見つける。
裕之は街中で喧嘩している人等を勝手に撮影してネットに投稿していた。
康平は復讐の為に裕之に会いに行こうとするのだが…。

さとう珠緒が母親役として出演し、ミュージシャンとして活躍中のアラキマキヒコも出演。

監督・脚本・編集:中川究矢
出演:西村賢人、守屋和祐、さとう珠緒、アラキマキヒコ、佐野号、Zackie☆彡、他
撮影:和島俊宏 
照明:加藤学
録音:田辺正晴
助監督:滝野弘仁
美術:田中佑佳
ヘアメイク:須見有樹子
スタイリスト:鈴木里菜
ガンエフェクト・VFX:遊佐和寿
プロデューサー:藤盛健一・林龍雄
製作:オフィスバード
制作協力:Power Arts Production
©オフィスバード




監督プロフィール
中川究矢
1979年生。京都出身。東京映像芸術学園映像卒。
園子温監督の助監督を経て監督、プロデューサー、録音、音響効果など幅広く活動。短編映画連作プロジェクト“ドグマ96”主催。
主な作品に「本日の猫事情」(声の出演 平野綾)、「放電」「進化」(ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2010&2011正式出品)など。





『ウタカタノトキ』(45分)


その男は、間もなくその人生の最期のトキを迎えようとしていた…。
「あんた、誰だよ…」男の前に突如現れた着物姿の女。
「俺は、オレは…いったい誰なんだ?」
全く記憶を失くしている男の脳裏を走馬灯のように駆けめぐる人生の様々な場面…。
日本古来の茶道が持つ精神性と、ある男の生き様が絶妙にリンクし合う異色の作品。

出演:アラキマキヒコ、山納由梨佳、永田源也、小瀬彩香、小田原美奈、山谷祥平、他
監督:立川晋輔 
助監督:藤本雅也、長良将史
録音:橋本真吾 
小道具:中望 
スチール:高木陽春 
美術:出川晋




監督プロフィール
立川晋輔
1974年生。大阪府出身。成安造形大学映像学科卒。
テレビ東京「バーミリオンプレジャーナイト」「オーマイキー!」監督
「人形芸人ドント&ノット」撮影監督 よしもと興業「オロナミンC CMバトル」監督 「ミロクローゼ」撮影参加
その他、ミュージックPV、CM、映画などで監督・撮影・編集実績 多数
Back to Top