『誰よりも狙われた男』

上映終了

main_large
(C)A Most Wanted Man Limited / Amusement Park Film GmbH (C)Kerry Brown
日時
上映終了
料金
一般¥1,600/学生¥1,300(平日学割¥1,100)/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000
会場
ROOM(2F)
作品分数
122分
リンク

故フィリップ・シーモア・ホフマンが遺した最高傑作!ジョン・ル・カレがあぶり出す“現代” の<リアル>諜報戦――。


孤高の名優が遺した最後の主演作にして、最高傑作!
当代最高の名優であり、映画人たちから絶大な尊敬と信頼を得ているフィリップ・シーモア・ホフマン。『カポーティ』(05)ではアカデミー賞®主演男優賞に輝き、昨年も『ザ・マスター』での鬼気迫る演技で我々を魅了した。しかし2014年2月2日、突然の訃報に世界中が衝撃を受け、打ちひしがれた。まだ46歳の若さだった。自ら生命を削るような魂の演技と、その裏に隠された深い孤独。そのホフマンが遺した最後の主演作が『誰よりも狙われた男』だ。若手女性弁護士アナベルには『きみに読む物語』や『ミッドナイト・イン・パリ』のレイチェル・マクアダムス。銀行家ブルーにはウィレム・デフォー。CIAの実力者マーサにはロビン・ライトなど、錚々たる実力派の俳優たちが群像劇でもある本作の輪郭をしっかり固めている。


スパイ小説の大家ジョン・ル・カレが仕掛ける、“現代”の<リアル>諜報戦。
この結末は誰も予想できない。

原作は映画化作品『裏切りのサーカス』の大ヒットが記憶に新しいスパイ小説の大家、ジョン・ル・カレが2008年に発表した傑作ミステリー。『コントロール』『ラスト・ターゲット』のアントン・コービン監督が、スタイリッシュな映像感覚と、伏線に伏線を重ねた繊細なストーリーテリングでル・カレの世界を独自に昇華し、知的で高品質のエンターテイメントに仕立てあげた。




【STORY】
ドイツの港湾都市ハンブルク。諜報機関でテロ対策チームを率いる練達のスパイ、ギュンター・バッハマンは、密入国したひとりの若者に目をつける。彼の名前はイッサといい、イスラム過激派として国際指名手配されていた。
イッサは人権団体の若手弁護士の女性、アナベル・リヒターを介して、銀行家のトミー・ブルーと接触。彼の経営する銀行に、イッサの目的とする秘密口座が存在しているらしい。一方、CIAの介入も得たドイツの諜報界はイッサを逮捕しようと迫っていた。しかしバッハマンはイッサをあえて泳がせ、彼を利用することでテロリストへの資金支援に関わる“ある大物”を狙おうとしていた―。
そしてアナベルは、自分の呪われた過去と決別しようとしているイッサを命がけで救おうとする。また彼女に惹かれるブルーも、バッハマンのチームと共に闇の中に巻き込まれていくのだった……。



『誰よりも狙われた男』(2013年/アメリカ・イギリス・ドイツ/122分)
出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、レイチェル・マクアダムス、ウィレム・デフォー、ロビン・ライト、グリゴリー・ドブリギン、ホマユン・エルシャディ、ニーナ・ホス、ダニエル・ブリュール
監督:アントン・コービン
原作:ジョン・ル・カレ『誰よりも狙われた男』(早川書房刊)



Back to Top