『フォックスキャッチャー』

上映終了

FOXCATCHER
© MMXIV FAIR HILL LLC-ALL RIGHTS RESERVED
日時
上映終了
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000/高校生以下¥800
会場
X(2F)
作品分数
135分
リンク

『カポーティ』『マネーボール』ベネット・ミラー監督最新作


☆2015年アカデミー賞5部門ノミネート
監督賞(ベネット・ミラー)/主演男優賞(スティーヴ・カレル)/助演男優賞(マーク・ラファロ)/脚本賞/メイク・ヘアスタイリング賞
☆2015年ゴールデン・グローブ賞3部門ノミネート
作品賞<ドラマ部門>/主演男優賞<ドラマ部門>(スティーヴ・カレル)/助演男優賞(マーク・ラファロ)
☆2014年カンヌ国際映画祭監督賞受賞



『カポーティ』(05)『マネーボール』(11)のベネット・ミラー監督最新作は、全米を震撼させた96年の大富豪デュポン財閥御曹司による金メダリスト射殺事件を基に映画化。孤独、富と名声、心の暗部でつながれた大富豪と金メダリストの心理を鮮烈に描き、カンヌ国際映画祭監督賞を受賞。ジョン・デュポンを『リトル・ミス・サンシャイン』のスティーヴ・カレル、金メダリスト兄弟の弟を『マジック・マイク』のチャニング・テイタム、兄を『アベンジャーズ』のマーク・ラファロが演じる。カレルの驚くべき怪演、新境地をみせたテイタムの憑かれたような演技に息をのむ、静かなる狂気の人間ドラマ。彼らの演技は世界中で賞賛を浴び、はやくもオスカー最有力として大注目を集める。



【STORY】
レスリングのオリンピック金メダリストでありながら経済的に苦しい生計を送るマーク。ある日デュポン財閥の御曹司ジョン・デュポンからソウル・オリンピック金メダル獲得を目指したレスリングチーム“フォックスキャッチャー“の結成に誘われる。自身のトレーニングに専念でき彼が崇拝する兄デイヴの影から抜け出すことを願うマークにとってそれは夢のような話だった。名声、孤独、隠された欠乏感を埋め合うよう惹き付け合うマークとデュポンだったが、デュポンの移り気な性格と不健全なライフスタイルによって徐々にふたりの関係は風向きを変えていく。同じく金メダリストであるマークの兄デイヴがチームに加わることで、三者は誰もが予測できなかった結末へと駆り立てられていく。



『フォックスキャッチャー』(2014年/アメリカ/135分/PG-12)
監督:ベネット・ミラー(『マネーボール』、『カポーティ』)     
脚本:E・マックス・フライ、ダン・ファターマン 
出演:スティーヴ・カレル(『リトル・ミス・サンシャイン』)、チャニング・テイタム(『マジック・マイク』)、マーク・ラファロ(『アベンジャーズ』)、シエナ・ミラー(『ファクトリー・ガール』)
提供:KADOKAWA、ロングライド 
配給:ロングライド 
宣伝:クラシック



Back to Top