『百円の恋』

上映終了

main
(C)2014 東映ビデオ
日時
上映終了
料金
一律¥1,100/UPLINK会員¥1,000
会場
ROOM(2F)
作品分数
113分
リンク

呆れるほどに、痛かった。

時価百円の女・一子、32歳。瑕だらけの恋と闘いの物語。



第1回「松田優作賞」グランプリ脚本、堂々の映画化!
故・松田優作氏の出身地である山口県周南映画祭で、優作氏の志を受け継ぐクリエイターを発掘すべく、2012年に新設された脚本賞、第一回「松田優作賞」グランプリ作品『百円の恋』(作:足立紳)。

国内外からの応募総数151の脚本より、松田美由紀(女優、写真家)、黒澤満(映画プロデューサー)、丸山昇一(脚本家)らの厳正なる選考により、女と男の挫折と再生という普遍的なテーマに挑みながらも、人間の弱さと強さを真っ向から描ききった骨太な本作を、『イン・ザ・ヒーロー』の武正晴監督が待望の映画化。

優作氏の故郷・山口県でも一部撮影を行いつつ、志を受け継ぐ役者たちが繰り広げる、魂と肉体を張った名作が誕生した。


【STORY】
32歳の一子(安藤サクラ)は実家にひきこもり、自堕落な日々を送っていた。
ある日離婚し、子連れで実家に帰ってきた妹の二三子と同居をはじめるが折り合いが悪くなり、しょうがなく家を出て一人暮らしを始める。夜な夜な買い食いしていた百円ショップで深夜労働にありつくが、そこは底辺の人間たちの巣窟だった。
心に問題を抱えた店員たちとの生活を送る一子は、帰り道にあるボクシングジムで、一人でストイックに練習するボクサー・狩野(新井浩文)を覗き見することが唯一の楽しみとなっていた。
ある夜、そのボクサー・狩野が百円ショップに客としてやってくる。狩野がバナナを忘れていったことをきっかけに2人の距離は縮めていく。なんとなく一緒に住み始め、体を重ねるうちに、一子の中で何かが変わり始める―――。




『百円の恋』(2014年/日本/113分/R15+)
出演:安藤サクラ、新井浩文、稲川実代子、早織、宇野祥平、坂田聡、沖田裕樹、吉村界人、松浦慎一郎、伊藤洋三郎、重松収、根岸季衣
監督:武正晴
脚本:足立紳
製作:間宮登良松
企画監修:黒澤満
エグゼクティブプロデューサー:加藤和夫
主題歌:クリープハイプ
配給:SPOTTED PRODUCTIONS


http://youtu.be/jFXpF4qrkRU
Back to Top