『あん』

上映終了

main_DSC4193_small
©2015 映画『あん』製作委員会/COMME DES CINEMAS/TWENTY TWENTY VISION/ZDF-ARTE
日時
上映終了
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/高校生以下¥800/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000 ☆夫婦50割引実施中(50歳以上のご夫婦お二人で¥2,200)
会場
X(2F)
作品分数
113分
リンク

監督・河瀬直美×原作・ドリアン助川 
日・仏・独合作。日本映画界最高のスタッフ&キャストが集結!

ドリアン助川の同名小説「あん」を、世界を舞台に創作活動を続ける監督・河瀨直美が映画化。日本を代表する女優・樹木希林をはじめ、抜群の演技力で独特の存在感を放つ永瀬正敏、樹木の実孫である新星・内田伽羅(うちだきゃら)や、芸歴50年を超えようやく樹木との共演が実現した市原悦子など、豪華キャストで贈る、心揺さぶる作品がここに誕生した。


【STORY】
たくさんの涙を超えて、生きていく意味を問いかける
「私達はこの世を見るために、聞くために、生まれてきた。この世は、ただそれだけを望んでいた。…だとすれば、何かになれなくても、私達には生きる意味があるのよ。」

縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎(永瀬正敏)。そのお店の常連である中学生のワカナ(内田伽羅)。ある日、その店の求人募集の貼り紙をみて、そこで働くことを懇願する一人の老女、徳江(樹木希林)が現れ、どらやきの粒あん作りを任せることに。徳江の作った粒あんはあまりに美味しく、みるみるうちに店は繁盛。しかし心ない噂が、彼らの運命を大きく変えていく…。





『あん』(2015年/日本・フランス・ドイツ/カラー/113分/シネスコ/5.1ch)
出演:樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、水野美紀、太賀、兼松若人、浅田美代子 他
監督・脚本:河瀨直美
原作:ドリアン助川 「あん」 (ポプラ社刊)
主題歌:秦 基博 「水彩の月」 (AUGUSTA RECORDS/Ariola Japan)
プロデューサー:福嶋更一郎、澤田正道、大山義人
撮影:穐山茂樹
照明:太田康裕
録音:森英司
美術:部谷京子
助監督:近藤有希
編集:Tina Baz
音編集:Roman Dymny
サウンドデザイナー:Olivier Goinard
企画・制作:組画、Comme des Cinémas
製作:映画『あん』製作委員会/COMME DES CINEMAS/TWENTY TWENTY
VISION/MAM/ZDF-ART
配給:エレファントハウス



Back to Top