『ベトナムの風に吹かれて』

上映終了

main1
(C)「ベトナムの風に吹かれて」製作委員会
日時
上映終了
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/高校生以下¥800/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000
会場
X(2F)
作品分数
114分
リンク

松坂慶子6年ぶりの映画主演、大森一樹監督最新作
夢を追い、挫折を知った若かりしころ。喜びも悲しみも受け入れて今がある・・・そんな人生の素晴らしさをうたいあげる感動作!



ハノイ在住の日本語教師・小松みゆき氏が認知症の母とのベトナム暮らしを綴った「越後のBaちゃんベトナムへ行く」を原案に、60歳をすぎて第二の人生を歩もうとする団塊世代に向けた「大人の青春映画」が誕生した。
主演は、「大阪ハムレット」以来6年ぶりの主演映画となる松坂慶子。人生の葛藤を明るく乗り越えていくバイタリティあふれる女性・みさおを演じる。「Shall We ダンス?」の草村礼子、俳優のみならず映画監督としても活躍する奥田瑛二のほか、大森監督作品にもなじみの深い柄本明、斎藤洋介、吉川晃司ら実力派がそろい、ベトナムキャスト・スタッフ入り交じって日本映画史上初の日本・ベトナム合作映画を作り上げた。歴史、戦争、介護など、今の日本が問われているテーマを扱いながら、軽やかな娯楽映画を得意とする巨匠・大森一樹監督がその手腕を発揮する。


【STORY】
ベトナム・ハノイで日本語教師として働くみさおの元に、父の訃報が飛び込んできた。故郷・新潟で目の当たりにしたのは、認知症を煩い、父の死さえ理解していない母シズエの姿。後妻として家に入った母の血縁者は自分一人。みさおは、兄たちの反対をおしきり、ベトナムに母を連れていく決意をする。
日本どころか新潟から出た事もない母にと久しぶりの二人暮らし。母が巻き起こすハプニングも、ベトナムの人々は家族のように二人を受け入れ、言葉は通じずとも心を通わせていく。そして青春時代の旧友・小泉との再会とロマンスの気配。しかし思いがけない母のケガ、激化する介護に疲弊するみさおだったが、老いた母と向き合い、支えてくれるベトナムの人々との心あたたまる交流を通して、みさおはよりベトナムでの人生を豊かなものにしていく。



『ベトナムの風に吹かれて』(2015/日本・ベトナム/日本語・ベトナム語/1時間54分/ビスタ/カラー/5,1ch/日本語字幕)
監督:大森一樹 
脚本:大森一樹、北里宇一郎(「越後のBaちゃん ベトナムへ行く」2B企画より)
原作:小松みゆき「ベトナムの風に吹かれて」(角川文庫刊)
主題歌:フォー・セインツwith松坂慶子「たまには仲間で」(ユニバーサル ミュージック)
製作:「ベトナムの風に吹かれて」製作委員会
配給:アルゴ・ピクチャーズ 



Back to Top