【見逃した映画特集2015】『フレンチアルプスで起きたこと』

上映終了

「フレンチアルプスで起きたこと」サブ1
(c)Fredrik Wenzel
日時
上映終了
料金
一般¥1,300/学生・シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000 ※特別興行の為パスポート会員使用不可、サービスデー適応外
会場
X(2F),ROOM(2F)
作品分数
118分
リンク

2015年公開作品から選りすぐりの42作品を渋谷アップリンクにて一挙上映!!!

見逃した映画特集2015の上映作品一覧はこちら

▼『見逃した映画特集2015』スケジュールフライヤー

クリックで拡大します。




始まりはフランス・カンヌ。
クチコミで広がった評判が、アメリカに渡り大ブレイク!
外国映画賞最多15冠に輝き、ハリウッド・リメイク決定!!



2014年のカンヌ国際映画祭で絶賛され、アメリカで公開されるや、 批評家や映画ファンの間で一大センセーションを巻き起こした『フレンチアルプスで起きたこと』。「ウォール・ストリート・ジャーナ ル」「NYタイムズ」「LAタイムズ」等アメリカの有力紙がこぞって取り上げ、全米の映画批評家協会が選ぶ外国語映画賞でみごと最多の15冠を獲得。ついには『ブラック・スワン』『グランド・ブダペスト・ホテル』等を世に送り出したFOXサーチライト・ピクチャーズによるリメイクが決定。リューベン・オストルンド監督は、北欧スウェーデンから一気に世界の映画シーンの最注目人物へと駆け上がった!

第67回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞受賞
第72回ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞ノミネート
第50回スウェーデン・アカデミー賞6部門制覇 
作品賞、監督賞、助演男優賞、脚本賞、撮影賞、編集賞



【STORY】
陽光きらめくフレンチアルプスで、家族4人の楽しいバカンス…
のはずが、家庭崩壊の危機!?

フランスの高級リゾートにスキー・バカンスにやってきたスウェーデン人一家。
スマートなビジネスマンのトマス、美しい妻エバ、愛らしい娘のヴェラと息子のハリー。普段仕事に忙しいトマスは、たまに取った休暇で高級リゾートを奮発し、ここぞとばかり家族サービスに精を出す。
バカンス2日目。たっぷりとスキーを楽しみ、陽が輝く絶景のテラスレストランで昼食をとっている最中、いきなり爆発音が鳴り響き、彼らの目の前の斜面で雪崩が発生する。それはスキー場の安全確保のため、人工的に起こした雪崩であった。トマスや他のスキー客たちは、ダイナミックな光景に面白がってカメラを向けるが、エバは何かがおかしいことに気づく。果たして、雪崩は予想外に勢いを増し、テラスめがけて向かってきた。
真っ白な雪の煙がだんだんと晴れていく。幸い大事には至らず、人々は再び笑いと活気を取り戻すが、雪崩の瞬間、トマスが見せた“期待はずれの行動”は、エバと子供たちを大いにガッカリさせ、家族の間の空気がぎくしゃくし始める。エバは雪崩が起きた時のトマスの行動を問いただすが、トマスはエバと異なる主張を繰り広げ、次第に夫婦仲にも暗雲が立ちこめてくる。今までの結婚生活に疑問を抱きはじめるエバ、反抗的な態度をみせる子供たち。そして「理想のパパ」の座を取り戻そうと必死にあがくトマス。
バカンスは5日間。残された時間の中で、バラバラになった家族の心は、再びひとつに戻る事ができるのか─?




『フレンチアルプスで起きたこと』(2014/スウェーデン・デンマーク・フランス・ノルウェー/スウェーデン語、英語/カラー/5.1ch/118分)
監督・脚本:リューベン・オストルンド
出演:ヨハネス・バー・クンケ、リサ・ロブン・コングスリ、クララ・ヴェッテルグレン、ヴィンセント・ヴェッテルグレン、クリストファー・ヒヴュー、ファンニ・メテーリウス
原題Turist/インターナショナル・タイトル:Force Majeure
日本語字幕:寺尾次郎
後援:スウェーデン大使館
提供:マジックアワー、フィルムメイカーズ
配給・宣伝:マジックアワー 



Back to Top