【見逃した映画特集2015】『セッション』

上映終了

「セッション」メイン
©2013 WHIPLASH, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
日時
上映終了
料金
一般¥1,300/学生・シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000 ※特別興行の為パスポート会員使用不可、サービスデー適応外
会場
X(2F),ROOM(2F)
作品分数
107分
リンク

2015年公開作品から選りすぐりの42作品を渋谷アップリンクにて一挙上映!!!

見逃した映画特集2015の上映作品一覧はこちら

▼『見逃した映画特集2015』スケジュールフライヤー

クリックで拡大します。




アカデミー賞®が飛び付いた才能と狂気


2014年2月、サンダンス映画祭─その映画を観た口うるさい映画マスコミは、総じて言葉を失い、次の瞬間、「大胆」「危険」「熱すぎる」とほとんど悲鳴に近い称賛を口にした。見事グランプリ&観客賞のW受賞でバズは一気に沸騰!この熱狂はたちまち世界へと広がった。


名門音大に入学したドラマーと伝説の鬼教師。狂気のレッスンの果ての衝撃のセッションとは─?ラスト9分19秒の衝撃は圧巻にしてもはや痛快!
名門音楽大学に入学したドラマーのニーマンは、伝説の鬼教師フレッチャーのバンドにスカウトされる。彼に認められれば、偉大な音楽家になるという夢と野心は叶ったも同然と喜ぶニーマン。だが、ニーマンを待っていたのは、天才を生み出すことにとりつかれ、0.1秒のテンポのズレも許さない、異常なまでの完璧さを求めるフレッチャーの狂気のレッスンだった。さらにフレッチャーは精神を鍛えるために様々な心理的ワナを仕掛けて、ニーマンを追いつめる。恋人、家族、人生さえも投げ打ち、フレッチャーの目指す極みへと這い上がろうとするニーマン。果たしてフレッチャーはニーマンを栄光へと導くのか、それとも叩きつぶすのか─?
斬新すぎて有名プロデューサーたちが怖気付いた脚本に惚れ込み、製作総指揮にあたったのは、『JUNO/ジュノ』『マイレージ、マイライフ』でアカデミー賞Rにノミネートされた名匠ジェイソン・ライトマン。チャゼル監督に同じ物語でまずは短編映画を作り実力を見せつけることを提案、完成した作品はライトマンの読み通り、見事2013年サンダンス映画祭で審査員賞を勝ち取り、それは長編撮影への切符となった。
ニーマンに扮するのは、『ダイバージェント』のマイルズ・テラー。フレッチャーには『JUNO/ジュノ』のJ・K・シモンズ。
強大なインパクトを放ち、究極の師弟関係を狂演VS怪演で演じきった二人が、スクリーンに刻み付けたラスト9分19秒の衝撃のセッションを見逃すな!


【STORY】
名門音楽大学に入学したニーマン(マイルズ・テラー)はフレッチャー(J・K・シモンズ)のバンドにスカウトされる。
ここで成功すれば偉大な音楽家になるという野心は叶ったも同然。
だが、待ち受けていたのは、天才を生み出すことに取りつかれたフレッチャーの常人には理解できない〈完璧〉を求める狂気のレッスンだった。
浴びせられる罵声、仕掛けられる罠…。ニーマンの精神はじりじりと追い詰められていく。
恋人、家族、人生さえも投げ打ち、フレッチャーが目指す極みへと這い上がろうともがくニーマン。しかし…。




『セッション』(アメリカ/107分)
出演:マイルズ・テラー/J・K・シモンズ
脚本・監督:デイミアン・チャゼル
配給会社:ギャガ



Back to Top