『知らない、ふたり』

上映終了

main
©2015 NIKKATSU, So-net Entertainment, Ariola Japan
日時
上映終了
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/高校生以下¥800/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000
会場
X(2F)
作品分数
106分
リンク

☆トークショー開催決定!

当日のゲストは予告なく変更になる可能性がございます。

●3/9(水)18:35の回上映後
ゲスト:二宮健監督(『SLUM-POLIS』)、今泉力哉監督

●3/11(金)18:35の回上映後 
ゲスト:白石晃士監督(『貞子vs伽椰子』『ある優しき殺人者の記録』)、今泉力哉監督

●3/12(土)
ゲスト:冨永昌敬監督(『マンガをはみだした男-赤塚不二夫』『ローリング』)、今泉力哉監督

●3/13(日) 
ゲスト:鈴木卓爾監督(『ジョギング渡り鳥』『ゲゲゲの女房』)、今泉力哉監督

日本のホン・サンスと称される今泉力哉が描く、恋愛群像劇の新たな到達点



音楽ドキュメンタリー『たまの映画』(10)で商業監督デビューし、恋愛群像劇『こっぴどい猫』(12)がトランシルヴァニア国際映画祭(最優秀監督賞受賞)を含む数々の海外映画祭で上映。『サッドティー』(14)で男女の一筋縄ではいかない恋愛模様を描き注目された今泉力哉監督。『知らない、ふたり』は、国内に留まらず世界でも注目される監督だけに韓国からも俳優陣を迎え入れ、見るものを惹き付ける独特な会話のテンポと巧みな時間軸の表現で、彼の真骨頂でもある恋愛群像劇の新たな到達点となる作品へと仕上がっている。また、気鋭の音楽家・木下美紗都と石塚周太(detune.)による新たな音楽プロジェクト“アルプ”による劇判も、映画の独特な世界観に彩りを添えている。


靴職人見習いの韓国人青年・レオン役には、圧倒的な歌唱力とダンス、イケメンでありながらも母性本能くすぐるルックスで世界中を虜にする韓国アーティストNU’EST(ニューイースト)のボーカル・レンを起用。女性キャスト陣には、レオンを慕う小風役に『mer』『SEDA』などの女性ファッション誌でモデルとして活躍し若い世代からカリスマ的な人気を誇り、女優としての活躍もめざましい青柳文子。レオンが想いを寄せるソナ役に『悪人』『ペタル ダンス』など作家性の高い監督作品への出演を中心に個性派女優として活躍している韓英恵。加奈子の彼氏役に『福福荘の福ちゃん』で独特の存在感を放った芹澤興人。そして、日本語学校の講師・加奈子役には、「勇者ヨシヒコ」シリーズや「昼顔」・「マッサン」など話題作へのドラマ出演をはじめ、映画・舞台など幅広い活躍が続く人気実力派女優木南晴夏、と豪華な若手陣が脇を固める。


【STORY】
今を生きる男女の、想いと時間が交差する、複雑な恋愛模様
人との接点を避けている靴職人・レオンは、ある日、酔って寝ている女性・ソナに絡まれるが、何故か彼女を忘れられなかった。レオンと同じ店で働き、彼に想いを寄せる女性・小風。彼女に一目惚れする客・サンス。サンスはソナの彼氏・ジウと日本語学校に通っていた。その講師・加奈子には車いす生活の荒川という彼氏がいたが、ジウは密かに彼女にも想いを寄せていた。荒川が怪我をした過去に、レオンは少なからず関係があった。お互いの想いを”知らない”男女が一歩踏み出したとき、物語は思わぬ方向へ―。




『知らない、ふたり』(2015/日本/106分/カラー/ビスタ/3ch)
監督・脚本:今泉力哉(「サッドティー」)
出演:レン、青柳文子、韓英恵、ミンヒョン、JR、芹澤興人、木南晴夏
エグゼクティブプロデューサー:杉原晃史、中野秀紀、藤原俊輔 
プロデューサー:紀 嘉久、YAN SONJU 
音楽:アルプ (オリジナルサウンドトラック SELECTIVE RECORDS) 
主題歌:「Cherry」NU’EST (アリオラジャパン)
製作:日活、ソネットエンタテインメント、アリオラジャパン 
制作プロダクション:ジャンゴフィルム 
制作協力:日活調布撮影所 
配給:CAMDEN、日活 
宣伝:CAMDEN
©2015 NIKKATSU, So-net Entertainment, Ariola Japan



Back to Top