『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』

上映終了

dreamhome99photo_main
©2014 99 Homes Productions LLC All Rights Reserved
日時
上映終了
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/高校生以下¥800/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000
会場
X(2F)
作品分数
112分
リンク

かけがえのない〈家〉を奪われた青年の壮絶な運命に、欲望と良心、夢と絶望がせめぎ合うサスペンス・ドラマ


アンドリュー・ガーフィールド×マイケル・シャノン 理不尽な現実を背景にした豪華キャストの演技合戦!



1%の富裕層が世界の富を独占し、99%を貧困化させている
リーマン・ショック後のアメリカを舞台に、金、欲望、モラルの間で人生を狂わせていく男たちを描いた本作。住宅ローン返済不能で家を差し押さえられた人々の事実に基づき、映画化された。道を踏み外していく男を演じるのは『ソーシャル・ネットワーク』『アメイジング・スパイダーマン』で世界的スターとなったアンドリュー・ガーフィールド。遠藤周作の小説『沈黙』をマーティン・スコセッシ監督で映画化する“Silence”で主演を務めるなど、ますます注目を集めている。

冷酷な不動産ブローカー役には『レボリューショナリー・ロード』でアカデミー賞にノミネートされた個性派俳優マイケル・シャノン。敵対する二人がやがて共謀関係に転じ、一線を踏み越えていく危うさと緊迫感が、全く異なる個性を持つ二人の迫真の演技によってさらにスリルを増す。その他、『わたしに会うまでの1600キロ』での好演も記憶に新しいローラ・ダーンなど実力派が脇を固める。

<家ホーム>とは何か、そして大切なものを守るために人間はどこまでできるのかを問いかけ、ヴェネツィア国際映画祭ほか世界各国で絶賛された傑作サスペンス!


【STORY】
フロリダ州に暮らす平凡なシングルファザー、デニス・ナッシュは、思いがけない人生最大の危機に見舞われた。未曾有の大不況のあおりを受けて住宅ローンを滞納し、裁判所から自宅の明け渡しを命じられてしまったのだ。立ち退きまでたった2分間しか猶予を与えられず、なけなしの貴重品をかき集めたデニスは、小学生の息子と母親を連れてモーテルに転がり込むはめになる。悲しみに暮れる間もなく、必死の思いで職探しに奔走するデニスを雇ってくれたのは、皮肉にも彼らを自宅から追い出した不動産ブローカーのカーバーだった。カーバーは住宅差し押さえビジネスで巨額の富を築いた悪辣な男だったが、デニスは大切な自宅を取り戻したい一心で、借金を抱えた庶民をさらなる苦境に追い込むその仕事に加担していく。やがて欲望と良心の狭間でもがくデニスの葛藤が限界に達したとき、彼に重大な決断を迫る大事件が発生するのだった……。


『ドリーム ホーム 99%を操る男たち』(2014年/アメリカ/英語/112分/5.1ch/シネスコ)
監督:ラミン・バーラニ
脚本:ラミン・バーラニ、アミール・ナデリ(『CUT』)
出演:アンドリュー・ガーフィールド(『アメイジング・スパイダーマン』)、マイケル・シャノン(『マン・オブ・スティール』)、ローラ・ダーン(『わたしに会うまでの1600キロ』)、ノア・ロマックス(『スマイル、アゲイン』)
原題:99Homes
日本語字幕:アンゼたかし
提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム



Back to Top