『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』

上映終了

hamidashi1
日時
上映終了
料金
一般¥1,800/学生¥1,300(平日学割¥1,100)/高校生以下¥800/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000
会場
X(2F),ROOM(2F)
作品分数
96分
リンク
上映スケジュールは1週間ごとの更新となります。土曜日から1週間分の上映スケジュールは毎週火曜日にこちらのページに発表いたします。

☆初日舞台挨拶決定!
日時:4/30(土)
登壇者:冨永昌敬監督(予定)、坂本雅司(プロデューサー)、室井オレンジ(2Dアニメーション担当)

笑ってくれれば 死んでもいい!!

赤塚不二夫の人生はマンガ以上に凄かった!!赤塚不二夫生誕80年企画として送るアニメーション・ドキュメンタリー映画


写真:荒木経惟

「おそ松くん」、「天才バカボン」、「ひみつのアッコちゃん」、「もーれつア太郎」など、数多くの傑作を生み出してきた国民的マンガ家、赤塚不二夫。彼を追ったドキュメンタリーはテレビ番組などでいくつも放送されてきたが、生誕80周年を記念して製作された本作品は、彼の最高傑作とも呼ばれる「レッツラゴン」のキャラクターを案内役とした異色のポップ・ドキュメンタリー。
時代の渦のなかでダイナミックに生き抜いた彼の人生を、アニメーションを軸に、関係者インタビュー、秘蔵写真、プライベート映像、幻のテレビ番組などの膨大な素材で再構築した。本人の残された肉声と、複数の視点によって「赤塚不二夫」の知られざる姿が綴られる!

写真提供:國玉照雄

「ローリング」の冨永昌敬監督と「ジヌよさらば〜かむろば村へ」の坂本雅司企画・プロデューサーによる、「アトムの足音が聞こえる」以来5年ぶりのタッグが実現。映画を支える豪華アーティスト陣として、ナレーションに青葉市子、音楽にU-zhaan&蓮沼執太、エンディング曲のボーカルにはタモリ。パンフレット等のビジュアル・デザインには、多くの赤塚作品を手がけている祖父江慎を迎えた。

写真:荒木経惟



『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』(2016年/HD/96分) 
監督:冨永昌敬
主題曲:タモリ「ラーガ・バガヴァット」
企画・プロデュース:坂本雅司
音楽:U-zhaan、蓮沼執太
ナレーション:青葉市子
2Dアニメーション:室井オレンジ 
3Dアニメーション:アニマロイド 
特別協力:フジオ・プロダクション
制作協力:タッドポール・ラボ
製作:グリオグルーヴ 
制作・宣伝・配給:シネグリーオ
配給協力:ポレポレ東中野
助成:文化庁文化芸術振興費補助金
赤塚不二夫生誕80周年企画
©2016 マンガをはみだした男 製作委員会 

出演:赤塚不二夫(以下、50音順)
アイヌ詞曲舞踊団モシリ、青木こずえ、赤塚りえ子、足立正生、アト゜イ、荒木経惟、飯田修永、五十嵐隆夫、石ノ森章太郎、磯貝森一、梅原寿満子、雲郷仁、江守登茂子、北見けんいち、黄善徹、小林鉦明、小林利明、斎藤あきら、坂田明、佐藤輝、篠原有司男、進藤佳代子、鈴木伸一、関沢義男、園山俊二、祖父江慎、高平哲郎、滝大作、武居俊樹、田名網敬一、喰始、田村セツコ、タモリ、ちばてつや、土田よしこ、筒井準三、つのだじろう、寺田ヒロオ、長谷邦夫、藤子・F・不二雄、藤子不二雄Ⓐ、藤田陽一、古谷三敏、FROGMAN、丸山昭、水野英子、森田拳次、山内ジョージ、よこたとくお、横山孝雄、吉勝太、若松孝二
※撮り下ろしインタビューのほか、過去の映像使用を含む



Back to Top