『ロブスター』

上映終了

IMG_6407.CR2
©2015 Element Pictures, Scarlet Films, Faliro House Productions SA, Haut et Court, Lemming Film, The British Film Institute, Channel Four Television Corporation.
日時
上映終了
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/高校生以下¥800/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000
会場
X(2F),ROOM(2F)
作品分数
118分
リンク
第68回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞!

ここでは、45日以内にパートナーを見つけなければ、あなたは動物に変えられます。



【ルール】
①45日以内にパートナーを見つけること
②独身は罪
③捕まれば動物になって頂きます

質問しない。それがこの“コメディ”を楽しむ鍵となる。
監督・脚本は第62回カンヌ国際映画祭<ある視点>部門グランプリ受賞、第83回米アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品『籠の中の乙女』の、ギリシャの奇才ヨルゴス・ランティモス。出演はコリン・ファレル、レイチェル・ワイズ、ジョン・C・ライリー、レア・セドゥ、ベン・ウィショーとベテランの名優から今注目の若手まで豪華な顔ぶれが揃う。


ヨルゴス・ランティモスの初の英語作品となる本作で、観客はいきなり彼の独特な世界に放り込まれる。そこで大事なのは、観客もまずルールに従い、受け入れてみること。そこにはユートピアとは逆のディストピアの系譜が流れている。近い未来なのか遠い未来なのか、国家が市民にルールを押しつけ、市民はそれに従っている。それに従っている者は “街”で普通に暮らしている。そしてひと度“独身者”になると、ホテルという矯正施設へ 連行されるのだ。そのパートナー教育では、相方がいることがいかに有益かを刷り込まれる。観客は主人公と同じように戸惑いながら矛盾を経験する。だが忘れてはいけないのは本作が実はコメディであるということ。そこには監督同様、表情を変えない“笑い”が眠っている。


【ストーリー】
“独身者”は、身柄を確保されホテルに送られる。そこで45日以内にパートナーを見つけなければ、自ら選んだ動物に変えられ、森に放たれる。そんな時代、独り身になったデヴィッド(コリン・ファレル)もホテルに送られ、パートナーを探すことになる。しかしそこには狂気の日常が潜んでいた。しばらくするとデヴィッドは“独身者”が暮らす森へと逃げ出す。そこで彼は恋に落ちるが、それは“独身者”たちのルールに反することだった―。




『ロブスター』(2015/アイルランド・イギリス他/カラー/英語・フランス語/118分/原題:THE LOBSTER)
出演:コリン・ファレル『トータル・リコール』、レイチェル・ワイズ『ナイロビの蜂』、ジェシカ・バーデン『記憶探偵と鍵のかかった少女』、オリビア・コールマン『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』、アシュレー・ジェンセン「アグリー・ベティ」、アリアーヌ・ラベド『ビフォア・ミッドナイト』、アンゲリキ・パプーリァ『籠の中の乙女』、ジョン・C・ライリー『少年は残酷な弓を射る』、レア・セドゥ『美女と野獣』、マイケル・スマイリー『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』、ベン・ウィショー『007スペクター』
監督:ヨルゴス・ランティモス『籠の中の乙女』  
脚本:ヨルゴス・ランティモス、エフティミス・フィリップ  
後援:アイルランド大使館、ブリティッシュ・カウンシル      
配給:ファインフィルムズ



Back to Top