『パーソナル・ショッパー』

上映中~7月14日(金)

メイン
(C)2016 CG Cinema – VORTEX SUTRA – DETAILFILM – SIRENA FILM – ARTE France CINEMA – ARTE Deutschland / WDR
日時
上映中~7月14日(金)
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/高校生以下¥800/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000
作品分数
105分
リンク

第69回カンヌ国際映画祭コンペティション部門にて監督賞受賞!

フランスの鬼才・オリヴィエ・アサイヤス監督が放つサスペンスフル×ファッショナブル=誰も観たことのない衝撃のミステリー!



「トワイライト」シリーズのクリステン・スチュワートが、ファッション業界の裏へと続く禁断の扉を開く―


 「これは挑戦的な作品だ」─2016年のカンヌ国際映画祭で、フランスの鬼才オリヴィエ・アサイヤス監督は、自らの最新作についてそう宣言した。『感傷的な運命』、『クリーン』、セザール賞にもノミネートされた『アクトレス ~女たちの舞台~』などに続き、パルム・ドールもこれが5度目のノミネートとなるベテランの一流監督が、全く新しい世界に挑んだのだ。
アサイヤス監督の言葉通り、上映されるやいなや「型破り」「心をかき乱される」「純粋な狂気」といったセンセーショナルな批評がメディアを駆け巡ったが、賛否に割れるかに見えた評価は、監督賞受賞という栄誉で華々しく締めくくられた。かつてない“エレガントな衝撃”でカンヌを揺るがした、今年一番の話題作が遂に日本にもやって来る!

【story】
“パーソナル・ショッパー”として働くモウリーン
秘めた欲望が不可解な出来事と殺人事件を引き寄せる。


忙しいセレブに代わって服やアクセサリーを買い付ける“パーソナル・ショッパー”としてパリで働くもうリーン。飛びぬけたセンスで完璧に仕事をこなしていたが、最愛の双子の兄が亡くなり、悲しみから立ち直れずにいた。そんな中、携帯電話に奇妙なメッセージが届き始める。まるでモウリーンを監視しているかのように、居場所や行動を把握していて、送り主の発する命令に従わざるを得なくなる。そうやって送信者は、モウリーンの別人になりたいという秘めた欲望を暴いていく。やがて周りで次々と不可解な出来事が起こり、遂には殺人事件へと発展する。果たして、謎のメッセージの正体とそれが意味するものとは—―?セレブとファッション業界と殺人事件――今、妖しくも華麗な禁断の扉が開く――!




パーソナル・ショッパー(2016年/フランス/105分/G/原題:Personal Shopper)
監督:オリヴィエ・アサイヤス
出演:クリステン・スチュワート、ラース・アイディンガー、シグリッド・ブアジズ、アンデルシュ・ダニエルセン・リー、タイ・オルウィンほか
配給:東北新社、STAR CHANNEL MOVIES
(C)2016 CG Cinema – VORTEX SUTRA – DETAILFILM – SIRENA FILM – ARTE France CINEMA – ARTE Deutschland / WDR


Back to Top