『怪物はささやく』

上映中~8月11日(金)

メイン
© 2016 APACHES ENTERTAINMENT, SL; TELECINCO CINEMA, SAU; A MONSTER CALLS, AIE; PELICULAS LA TRINI, SLU.All rights reserved.
日時
上映中~8月11日(金)
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/高校生以下¥800/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000
作品分数
109分
リンク

英文学の最高傑作を『パンズ・ラビリンス』の製作スタッフが映画化!
孤独な少年と怪物の魂の駆け引きを描く感涙のダークファンタジー


怪物と少年の<魂の契約>をめぐる圧巻のストーリー


原作は、カーネギー賞作家2人による異色の“コラボ”作。47歳の絶頂期にこの世を去ったイギリスの作家シヴォーン・ダウドの未完の遺作を、パトリック・ネスが引き継いで完成。英国史上初のカーネギー賞とケイト・グリーナウェイ賞のW受賞という快挙を果たし、世界中でベストセラーを記録した。この物語に魅せられた『パンズ・ラビリンス』のプロデューサーが、『インポッシブル』で高く評価され、『ジュラシック・ワールド』の最新作も手掛けるJ.A. バヨナを監督に起用。フェリシティ・ジョーンズ、シガニー・ウィーバーら演技派が、コナー役の新星ルイス・マクドゥーガルを支え、名優リーアム・ニーソンが怪物の声とモーションキャプチャーを演じる。

【story】
その怪物が喰らうのは、少年の真実―――。


13歳の少年コナーは、難しい病を抱えた母親と2人で裏窓から教会の墓地がみえる家に住み、毎夜悪夢にうなされていた。ある夜、コナーのもとに怪物がやって来て告げる。「今から、私はお前に3つの【真実の物語】を話す。4つ目の物語は、お前が話せ。」しかも怪物は、コナーが隠している“真実”を語れと迫るのだ。頑なに拒むコナー。しかしコナーの抵抗など意にも介さず、その日を境に夜ごと怪物は現れ物語の幕が上がる──。幻想的なおとぎ話のように始まり、予想を打ち砕く危険な結末に向かう3つの物語は、コナーの内なる衝動を突き動かし、彼自身を追い詰めていき──。
ついにコナーが4つ目の物語を語る時が訪れる。果たして彼が口にした、まさかの“物語”とは──?その先に待つ“真実”が、激しく切なく胸を揺さぶる、圧巻の感動作。


『怪物はささやく』(2016年/アメリカ=スペイン/109分/G/原題:A MONSTER CALLS)
監督:フアン・アントニオ・バヨナ
出演:ルイス・マクドゥーガル、フェリシティ・ジョーンズ、シガニー・ウィーヴァー、トビー・ケベル、リーアム・ニーソン
配給:ギャガ
© 2016 APACHES ENTERTAINMENT, SL; TELECINCO CINEMA, SAU; A MONSTER CALLS, AIE; PELICULAS LA TRINI, SLU.All rights reserved.


Back to Top