『猫が教えてくれたこと』

上映中~2月9日(金)

メイン
©2016 Nine Cats LLC
日時
上映中~2月9日(金)
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/高校生以下¥800/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000
作品分数
79分
リンク

古都イスタンブールの人間模様を猫目線で描く
人と猫のふれあいを描く世界中で話題の映画!



生まれたばかりの子猫たちにエサをあげるために市場の食べ物を狙う虎猫の「サリ」、なでられるのが大好きなメス猫の「ベンギュ」、レストラン近くに住みネズミ退治を仕事にしている義理堅い性格の「アスラン」、喧嘩が強く、旦那を尻にしいているくせに嫉妬深い「サイコパス」、下町の市場に住み、そこで働く商売人や客たちと触れ合う看板猫の「デニス」、遊び人風で周囲の大人たちの心を虜にする「ガムシズ」、高級なデリカテッセンにいつも美味しいエサをもらっている礼儀正しい「デュマン」――古くから猫の街として知られる地中海の古都イスタンブール。生まれも育ちも全く違う、7匹の個性豊かな猫を軸に、イスタンブールの人々と猫の幸せな関係をとらえたドキュメンタリー。



【STORY】―猫はこの街の文化や雑然とした空間、エキゾチックな雰囲気を象徴している。
猫がいなければイスタンブールは魂を失ってしまう。世界のどこにもこんな場所はない―


イスタンブールの名所ガラタ塔近く。一匹の虎猫がエサをくわえて人波を抜けるように小走りに駆けてくる。名前は「サリ」。生まれたばかりの子猫たちにエサをあげるために急いでいるのだ。もともとはのんびりした性格でいつも人間の遊び相手になって遊んでいた彼女は、子供を守るためならエサをどん欲に漁るずる賢くて逞しい母へと成長していく。



―犬は人間を神だと思っている。だが猫は違う。

人間が神の代理人だと分かっていて、人への感謝も忘れない―





『猫が教えてくれたこと』(2016年/79分/原題:Kedi/トルコ/5.1ch/ビスタ/カラー)
監督:ジェイダ・トルン 製作:ジェイダ・トルン、チャーリー・ウッパーマン 
主演猫:サリ、ベンギュ、アスラン・パーチャシ、サイコパス、デニス、ガムシズ、デュマン
2016年サイドウォーク映画祭・ベストファミリーフィルム
配給:アンプラグド  


Back to Top