『籠の中の乙女』

上映終了

メイン
日時
上映終了
料金
一般¥1,300/学生・シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000/『聖なる鹿殺し』割引き¥900(『聖なる鹿殺し』の半券をご提示で) ※特別興行につき各種割引、サービスデー適用外
作品分数
96分
リンク

ヨルゴス・ランティモス監督最新作『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』アップリンク渋谷上映記念!



健全な家庭に、狂気は宿る。

家族の絆を誰にも壊されたくないと願う父親の妄執と、それに振り回されて育った子どもたちの生活を描いた本作は、人間の怖さ、エゴイズム、理想の家庭とは何か?といった問いを、微細な心理描写とアーティテイックな映像による演出で描き出し、第62回カンヌ国際映画祭「ある視点部門」グランプリを獲得、翌年米アカデミー賞(R)外国語映画部門に堂々ノミネートを果たした。「どの家族にも、それぞれのルールがある」というヨルゴス・ランティモス監督のメッセージは、「あまりにも極端な状況」がクライマックスに向かう際の緊張とともに、観る者の心を揺さぶるだろう。


籠のなかの鳥が育つとき、一家の運命が静かに狂いだす…

ギリシャの郊外にある裕福な家庭。だが、一見普通にみえるこの家には秘密があった。両親が子どもたちを外の世界の汚らわしい影響から守るために、ずっと家の中だけで育ててきたのだ。邸宅の四方に高い生垣をめぐらせ、子どもに「外の世界は恐ろしいところ」と信じ込ませるために作られた「厳格で奇妙な」ルールの数々。学校にも通わせないその様子は外の世界からすれば異常なことだったが、純粋培養された従順な子どもたちはすくすくと成長し、幸せで平穏な日々が続いていくかのように見えた。しかし、成長とともに好奇心の芽生えた子どもたちは恐怖を抱えつつも、次第に外の世界に惹かれていくのだった…。

『籠の中の乙女』(2009年/ギリシャ/96分/シネマスコープ/BD/ステレオ/ギリシャ語/原題:DOGTOOTH)
監督・脚本:ヨルゴス・ランティモス  
脚本:エフティミス・フィリプ
製作:ヨルゴス・ツルヤニス
出演:クリストス・ステルギオグル、ミシェル・ヴァレイ、アンゲリキ・パプーリァ、マリア・ツォニ、クリストス・パサリス、アナ・カレジドゥ
配給:彩プロ 




 
Back to Top