『レザーフェイス-悪魔のいけにえ』

上映中~6月22日(金)

LFメイン
(C)2017 LF2 PRODUCTIONS ALL RIGHTS RESERVED.
日時
上映中~6月22日(金)
料金
一般¥1,800/学生¥1,500(平日学割¥1,100)/高校生(18歳以上)¥800/シニア¥1,100/UPLINK会員¥1,000/R18+
作品分数
89分
リンク

本作上映記念、『悪魔のいけにえ 公開40周年記念版』特別上映!



さらに、『レザーフェイス-悪魔のいけにえ』の半券ご提示で『悪魔のいけにえ 公開40周年記念版』を¥1,000でご鑑賞頂ける『レザーフェイス』割引も実施!


入場プレゼント<日本版ビジュアルポストカード>


ご入場の方に、本作の日本版ビジュアルポストカードをプレゼントします!(先着順/無くなり次第終了)


誰が、なぜ、伝説の殺人鬼“レザーフェイス”となったのか?


ホラー映画の金字塔「悪魔のいけにえ」の前日譚を、斬新な新解釈と、シリーズ・関連作史上最も過激と言われる表現で描ききる。オリジナル版の監督トビー・フーパー(2017年8月26日没)最後のプロデュース作品。



【ストーリー】

ソーヤー家の異常な環境で育った彼は、ソーヤー農場で変死した少女の事件により、青少年更生施設に収監される。
それから10年後、更生施設で暴動が発生し、ジェッドは錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走することとなる。そんな中、逃亡の身となったジェッドたちを、執拗なまでに追いかけてくる狂気に満ちた警官がいた。それは10年前、ソーヤー農場で娘を殺された保安官であった。逃走生活を続ける中、次第にジェッドは追い詰められ、精神が崩壊していく。そして、ある出来事が、最後の引き金を引かせることとなる・・・・・。


『レザーフェイス-悪魔のいけにえ』(2017年/英語/89分/シネマスコープ/5.1ch/英題:Leatherface、R18+)
出演者:スティーヴン・ドーフ(「バックビート」)、リリ・テイラー(「アンディ・ウォーホルを撃った女」)ほか
監督:ジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロ( 屋敷女」「リヴィッド」)
製作:スティーヴン・ドーフ(「バックビート」)、キム・ヘンケル(「悪魔のいけにえ」脚本)ほか
配給:松竹メディア事業部


Back to Top