『Given』日本医学ジャーナリスト協会賞大賞(映像部門)を受賞

Given ~いま、ここ、にあるしあわせ~

『Given ~いま、ここ、にあるしあわせ~』
日本医学ジャーナリスト協会賞大賞(映像部門)を受賞


この度、映画『Given ~いま、ここ、にある しあわせ~』(制作・配給:難病の子どもとその家族へ夢を)が、第6回(2017年度)「日本医学ジャーナリスト協会賞」映像部門において大賞を受賞いたしました。

日本医学ジャーナリスト協会賞は、質の高い医学・医療ジャーナリズムが日本に根付くことを願って日本医学ジャーナリズム協会が2012年に創設しました。「オリジナリティー」「社会へのインパクト」「科学性」「表現力」を選考基準に、協会内に設けた選考委員会で審議されます。

映画『Given ~いま、ここ、にある しあわせ~』には、難病をかかえた子供とその家族が登場します。ですが難病の“難しさ”を描いた内容ではありません。“生きる歓び”を映し出し、観る者にとって、“生きる”とは?“本当のしあわせ”とは?…など大きな気づきを与えてくれる作品です。
アップリンクのオンライン映画館「UPLINK Cloud」にて、オンライン上映中のほか、全国の100を超える団体の方々が自主上映を開催し、感動の輪を広げています。自主上映をご検討の方は、こちらのページをご覧ください。



『Given ~いま、ここ、にある しあわせ~』
監督︓高橋夏子
エグゼクティブプロデューサー:大住力(公益社団法人 難病の子どもとその家族へ夢を 代表)
プロデューサー:近藤正典
アシスタントプロデューサー・宣伝:水戸川真由美
映像:橋本和典
語り・主題歌:綾戸智恵
ナレーター:熊谷麻衣子
音楽:KOTEZ(コテツ)
配給・宣伝:公益社団法人 難病の子どもとその家族へ夢を
公式サイト:http://given-imakoko.com/index.html
Facebook:https://www.facebook.com/givenimakoko


日本医学ジャーナリスト協会:http://meja.jp/
Back to Top