映画『猫は抱くもの』公開記念トークショー開催

メインs

\映画制作の舞台裏を語り尽くすトークイベント付上映・決定!/

『ジョゼと虎と魚たち』『グーグーだって猫である』の犬童監督の最新作『猫は抱くもの』の劇場公開を記念し、犬童監督と特別ゲストをお招きして、ここでしか聞けない、映画制作の舞台裏に迫ります!3回全てに参加をした方の中から抽選で、サイン入りプレスをプレゼント!

チケット販売中>オンライン購入はこちら

■7月28日(土)14:50の回上映後 第1回「猫と映画」
ゲスト:犬童一心(本作監督)、坂本峰照(アニマルトレーナー)
本作でも実際の猫の撮影で現場に携わった坂本氏を迎え<猫ちゃんたちの撮影で大切なこと>を、本作だけではなく様々な猫の映画を例に語り尽くします!猫好きも映画監督を目指す人たちも、他ではなかなか聞けない、猫を切り口にした映画の話は必聴!


■7月29日(日)14:50の回上映後 第2回「今までにない邦画を」
ゲスト:犬童一心(本作監督)、高田亮(脚本家『そこのみにて光輝く』)
今回、犬童監督と3度目のタッグを組んだ、脚本家・高田氏。妄想と現実の境をあえて曖昧に描いた脚本や、猫の擬人化への挑戦舞台を使った演出等について、制作の舞台裏を教えて頂きます!


■8月1日(水)19:30の回上映前 第3回「犬童組・制作へのこだわり」
ゲスト:犬童一心(本作監督)、浅井隆(UPLINK代表)

犬童監督と以前から親交の深いUPLINK代表・浅井氏。本作におけるキャスティングや、撮影過程、作品に込めた想いを、UPLINKの代表・浅井氏が独自の視点で深く切り込んでいきます。
※登壇者は予告なしに変更をする場合がございます。あらかじめご了承願います。




『猫は抱くもの』(日本/2018年/109分)
監督:犬童一心
原作:大山淳子
脚本:高田亮
出演:沢尻エリカ、吉沢亮、峯田和伸、コムアイ、岩松了
美術:伊藤雅子
編集:上野聡一
音楽:水曜日のカンパネラ
キャラクターデザイン:加藤伸吉
アニメーション:ひらのりょう
配給:キノフィルムズ、木下グループ


Back to Top