映画『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』

このエントリーをはてなブックマークに追加

東北無料上映

OSO

イントロダクション

OM SHATI OM

公開と同時に人気爆発!もはや伝説となったボリウッド映画の最高峰、ついに日本で劇場公開決定!!!

年間映画製作本数1,000本以上という、ハリウッドも真っ青の世界一の映画大国、インド!神々が舞い降りたかのような美しい舞踊と音楽で多くの人々を魅了した、ボリウッドパワーを余すところなく伝える至高の傑作がやって来た! 2007年にインドで興行成績トップとなった『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』は、国内外を問わず多くの映画ファンに深く愛されている大ヒット作。その理由は、映画業界を舞台にしたきらびやかな世界観と、めくるめくストーリーの面白さに尽きる。インド映画の新しい伝説を目にするときがやって来た!

キュート&セクシー!美しき舞姫ディーピカーと、“キング・オブ・ボリウッド”シャー・ルク・カーン主演!

主演は“キング・オブ・ボリウッド”ことシャー・ルク・カーン。『ラ・ワン』(2011年)でも二役を演じたシャー・ルクだが、本作でも1970年代の脇役俳優と、2000年代の人気スターに扮している。ヒロインは、本作でデビューを飾ったディーピカー・パードゥコーン。彼女の演じる70年代の人気女優シャンティと2000年代の現代っ子サンディに、誰もが目を奪われることだろう。新人とは思えないオーラを放つ神々しいまでの美貌の持ち主ディ-ピカーには、本作出演後にオファーが殺到し、一躍ボリウッドのディーヴァとなった。 監督は、ボリウッドのトップ舞踊監督ファラー・カーン。本作でもゴージャスなソング&ダンスシーンを演出している。特に、映画賞授賞式直後のパーティーのシーンでは、シャー・ルクを囲んで新旧トップスター30人がゲスト出演して歌い踊るという、ギネス越え(!?)のスター顔合わせを実現させた。

歌い!踊り!恋をする!これこそがボリウッド!!

ロマンス、サスペンス、アクション、コメディ…映画の楽しさを全て詰め込んだ、キラキラのワンダーランド! 1970年代、ボンベイ(現ムンバイ)。脇役俳優の青年オームは、若き大人気女優シャンティに恋をする。ところが、シャンティは人知れず結婚し、妊娠までしていた。売れっ子プロデューサーのムケーシュが、その相手だった。映画界でのさらなる成功を求める彼はシャンティを疎ましく思い始め、遂に殺意を抱く。ある日、ムケーシュから呼び出されたシャンティを心配して、オームはその後を追った。ムケーシュの罠にはまり、炎にまかれるシャンティ。彼女を助けようとしたオームもまた、命を落としてしまうのだった。 それから30年、インド映画界の頂点にひとりの大スターが君臨していた。その名はオーム──奇しくも、あの炎の惨劇の夜に生まれた男の子の成長した姿だった…。生まれ変わりの神秘とスリリングな復讐劇!時を超えた恋と友情!ボリウッド・エンタテインメントの粋を集めた決定版ドリーム・ムービー!!

scroll to top ▲